エクステリア部ブログ

処分費の値上がりとお見積りの関係2013.02.28
しばらく前のブログで、『燃料費の高騰とお見積りの関係』という記事を書きましたが、産廃の処分費の値上がりも見積もりに影響が出てきます。

 

燃料の高騰ほど毎日頻繁には変動しませんが、3年に1回位は何かしらの処分費が値上がりします。

 

最近ではコンクリートガラの処分費が値上がりしました。

 

最近といってももう1年半は経つでしょうけど。

 

その1年半前までは、1トン当り¥1,000の処分費だったのが、現在では3倍の¥3,000の処分費がかかっています。

 

金属くずの処分費、いわゆる売却額もお見積りに影響いたします。

 

弊社ではその金属くずの売却額は評価額として値引きの対象としております。

 

ほんの4、5年前には、1トン当り¥70,000~¥80,000という評価額があったものが、現在では¥20,000をきるかきらないか程の評価額しかありません。

 

直結してお客様への値引き額も下げざるを得なくなってきます。

 

その様に、全ての事が燃料費や処分費に左右されてしまうのは、致し方ない事なのかもしれませんが、程々にして欲しいですね。
桶川市U様邸門柱・門扉設置工事 完成2013.02.27
130227_152036本日、桶川市U様邸門柱・門扉設置工事が表札、明るさセンサーの配線を終えて、晴れて完成となりました。

 

 

表札は発注から納品まで17日間を要しました。

 

 

なんでこんなにかかるか分かりません。

 

 

お客様は早く取り付けてもらいたい。そのお客様の方を気にしながら仕事をしている我々業者と、業者だけに対応しているメーカーや商社の考えが130227_152051
そもそも根本的に違うのかもしれません。

 

 

何はともあれ無事完成したのでホッとしました。

 

 

U様、長らくお待たせしてすいませんでした。

 

 

そして、ありがとうございました。
大ドンデン返し!!2013.02.26
仲間から依頼されてた伐採工事を伴う開発工事が土壇場でキャンセルとなってしまいました。

 

当初その知り合いも忙しく、元請からの依頼も一度は丁重にお断りしたそうです。

 

しかし、どうしてもやってくれる業者が見つからなかったらしく、しばらくして『どうしてもやってくれ!』と再度連絡があり泣きつかれて、自分の首を絞めるのを分かりつつもやる事になったそうです。

 

そんな経緯で自分にも連絡があり、祭日の日にその知り合いと測量を行いました。

 

往復3時間の道のりと、2時間弱の測量でした。

 

見積りを早めに出してくれということで、自分は伐採工、残土処分までの見積り、知り合いは土留めブロックや緑地帯の施工、排水工、砂利敷き工の見積りと手分けして見積りをやり提出しました。

 

そんな流れなので、当然予定は組みますし、足らないところは業者の手配もします。更に工期は3/9から4/15までと厳しい中、これで慌てない人はいないと思います。

 

自分も知り合いも、首を絞めるのを承知で開き直って、やる気満々だったのです。

 

ほんの昨日までは・・・

 

『施主が業者を見つけたみたい』と連絡があったそうです。

 

『ハァー???』

 

肩の荷は降りたのですが、逆に肩が外れそうです。

 

一体なんだったのか?

 

空しすぎる・・・
オプションに泣かされる・・・2013.02.26
130226_085644鴻巣市M様邸外構工事の進捗状況です。

 

 

結構な種類がある中、自分はポスト、インターホン、表札が一体になってるという意味で『多機能門柱』と読んでいます。(言い方は違うかもしれませんが・・・)

 

 

正式にはTOEX ファンクションユニット ウィルモダンスリムといいます。オプションでGBウォール枠材というのを付ける事によって、ガラスブロックが縦に8個入ります。更にオプションでLED照明を付けて、そのガラスブロックを照らす事もできます。

 

 

130226_114655

当然ながら色や組み合わせ例も数種類ある上、ガラスブロックや表札などはオプションから更に選択集を経由し選べるという流れになるので、もう頭の中は混乱します。

 

 

多少面倒でも、発注する前にお客様に再度ご確認頂くという作業が必要になります。

 

 

今回も、カーポートの屋根材で自分とお客様の食い違いが生じてしまい、返品取り替えになってしまいました。クリアブルー(透明)とクリアマット(すりガラス調)の違いです。

 

 

まだ梱包材の封を開ける前で良かったです。

 

 

カーポートも梁、アーチ、母屋まで完了しました。

 

 

明日から気を取り直して臨みたいと思います。
カーポート設置2013.02.25
130225_110320鴻巣市M様邸、本日はカーポートを設置してます。

 

 

カーポートはTOEX キューブポートレギュラー 30-50型 1基、24-50型 1基 それぞれロング柱で施工します。

 

 

強風の為、屋根が付けられないどころか、柱を固定するのも神経を使います。

 

 

脚立から落ちないように気を付けてください。
あれから2年・・・2013.02.23
130223_124217午後から、越谷市内のお客様よりお問い合わせをいただき、外構工事の現調に行ってきました。

 

 

行く途中、思い出深い現場に寄り写メを撮り、しばし2年前の思い出に浸りました。

 

 

丁度2年前の3.11の巨大地震の日に、この現場にいたのです。

 

 

護岸工事の常用請けで、対岸に見える観覧席の階段の一番下の土台コンクリートの型枠設置をやっていました。

 

 

突然、今まで聞いた事もないサイレンが鳴り響き、『巨大地震発生!!巨大地震発生!!』と市役所のスピーカーからアナウンスがありました。

 

 

130223_124225
『何だ?』と思った矢先、『ゴゴゴゴゴーーー!!』と地鳴り。

 

 

地べたが大きく揺れ始めました。

 

 

『何だ!何だ!』と辺りを見渡すと、電柱や看板が倒れる位揺れ、窓ガラスは割れんばかりに振るえ、ビルは菱形に見えるように歪み始めました。

 

 

川の水は『バッシャーン』と跳ね上がり、市役所の池の水も噴水のように跳ね上がりました。

 

 

『天変地異か?この世の終わりか?』と感じました。

 

 

後ろでは、弊社新井君が何か叫んでましたがそれどころではなく、後で聞いたら、土手の上の仮設鉄板に止めてた自分の軽自動車が下に落ちそうだと叫んでたらしいです。

 

 

あれから2年です。

 

 

タバコを吸い終り車に戻ると、ラジオから福島県双葉町の避難住民のニュースが流れてました。

 

 

我々の地元加須市の学校で避難生活を余儀なくされています。

 

 

もう2年なのか?まだ2年なのか?

 

 

我々の地元には、失う物も無く、得る物も無く、ただ当たり前に2年の月日が流れた人もいれば、『まだ2年』と歯を喰いしばり生き抜こうとしている人もいます。

 

 

考える1日でした。
犬走りコンクリートとブロック組積2013.02.23
130223_085204本日午前中は鴻巣市M様邸の犬走り部コンクリート打設です。

 

 

毎日寒く気温も低いので、コンクリートの打設の時は悩みますが、ここは日中日当たりも良いので打つ事にしました。

 

 

今日の作業内容は、この犬走り部コンクリート打設、土留めブロック組積、仕切りの地先ブロック布設、隣地境界ブロックの天端仕上げを行います。

 

 

130223_085238週明け月曜日にはカーポート(TOEX キューブポートレギュラー)2基、多機能門柱(TOEX ウィルモダンスリム)が納品予定です。

 

 

このまま天気が続いて欲しいです。

 

 

そして、駐車場土間コンクリートも控えてるので、早く暖かくなって欲しいものです。
燃料の高騰とお見積りの関係2013.02.22
燃料の値上がりが止まりません。

 

レギュラーが1L当り¥149、そして我々の仕事に直結する軽油が1L当り¥127。

 

昨年の3月に迫る勢いです。

 

我々の仕事は、重機やダンプがなければ始まりません。現場があれば必然的に燃料費はかかってきます。お客様にお渡しする御見積書の内訳には、軽油代¥〇〇〇ーとは書きませんが、それらは施工手間や運搬費に振り分けられます。

 

弊社のエリアは遠くても片道40km圏内です。現在弊社所有の4tダンプの燃費は1L当り4~5km。その4tダンプが1現場当り毎日平均2台往復するわけです。

 

片道40kmの現場に行って帰ってくるだけで、黙って¥5,000以上の軽油が燃えてしまいます。

 

重機も然りです。重機は現場までの距離は関係ないですが、作業内容によって全く燃費が違ってきます。

 

木造住居の解体工事では、1日当り約30L位の消費量ですが、掘削など重作業の場合だと1日当り100L位が燃えてしまいます。

 

それらが施工手間(〇〇費)や運搬費に振り分けられ、お客様の元に御見積書となり届くという流れになっています。

 

本当にこの燃料費の高騰等は、我々にとっても頭が痛い問題ですし、誰にとっても良い事は何もありません。
極寒のハイモル補修2013.02.21
130221_150440自分は管口仕上げや補修に回りました。

 

 

集水桝は管口仕上げ、接続部と泥溜めのコンクリート打設です。

 

 

続いて、泣かされた極狭部土間コンクリートのハイモル補修です。

 

 

見た目はバッチリに見えますが、内側側面に『ジャンカ』が出来てしまいました。

 

 

130221_143127

我々は『ジャンカ』と言ってますが、コンクリートの空隙という意味だと思います。

 

 

しかし、この場所は本当に寒いです。極狭で極寒です。

 

 

下を向く作業なので、鼻水が垂れてきます。

 

 

ティッシュを取りに行くのが面倒臭いので、手鼻をかんでしまう自分に対して、改めて年をとったなと感じる今日この頃です。

 
法面バケットで法面整形2013.02.21
130221_140826本日はダブルヘッダーで水路改良工事です。

 

 

法面バケット。我々は『のりバケ』と呼んでますが、アタッチメントを法面バケットに変えて法面整形が始まりました。

 

 

簡単そうで実は難しい作業です。

 

 

重機とバケットは、法面に対して常に平行に動かさなければなりません。

 

 

まだこれくらいの整形なら良いのですが、盛土の築堤などをロングアーム
130221_140835で施工する場合なんかは、本当に難しいです。

 

 

うまい人は、水糸も張らずにやってしまう人もいます。

 

 

センスも必要です。

 

 

弊社の新井親分がオペレーターでやっています。

 
防草シートと6号砕石敷き2013.02.21
130221_091643引き続き、鴻巣市M様邸外構工事です。

 

 

今朝は風も穏やかなので、犬走り部に防草シートを敷き、その上に6号砕石を敷きます。

 

 

かなり昔の話になりますが、『草が生えてきたんだけど!』とクレームを言ってきたお客様がいました。

 

 

草はアスファルトでも突き抜けて生えてきます。この防草シートを敷けば草が生えないわけではないのでご注意ください。

 

 

130221_092311

草の生長を遅らせたり、草が生えてきても抜きやすいというのがメリットだと思います。

 

 

続いて6号砕石の敷き均しです。

 

 

狭いので2人でバケツリレーです。平均5cmなので、結構な量が入ります。

 

 

この後は、目隠しフェンス本体の設置となります。
ブログからホームページ2013.02.20
『カンガルー工事部ブログ』を始めて早半年です。

 

最近ではブログから弊社ホームページに辿り着き、ご覧になり、お問い合わせをいただくお客様が増えてきました。

 

以前も書きましたが、集客に繋がれば良いなと安易な考えで始めたこのブログですが、徐々に成果が現れてくると、やはりブログも侮れません。

 

1日10分20分の手間ですが、なかなか継続させるのは難しい事に気付きます。

 

しかし、その手間で会社に貢献ができ、1人でも多くのお客様に出会える事は喜ばしい事です。

 

お客様から勉強させられる事も多くなりました。

 

ありがとうございます。

 

これからも良い事ばかりではなく、失敗談や自虐ネタを全て嘘偽り無くご報告させていただきます。

 

弊社ならびに弊社代表ブログ共々これからも宜しくお願いいたします。
目隠しフェンス設置2013.02.20
130220_161953鴻巣市M様邸外構工事の進捗です。

 

 

近隣境のブロック(C120)組積及び目隠しフェンス(TOEX プリレオR5型 T-12)の設置を行ってます。

 

 

当初は既存ブロックを上1段縦筋残しで撤去し、新規で3段積み足す予定でしたが、既存のブロックに3箇所縦にクラック(ひび割れ)が入っていたので、そのまま既存ブロックはいじらずに、差筋アンカーを@40.0cmピッチで打ち込み、2段新設に変更しました。

 

 

130220_164702このほうが逆に丈夫だろうという発想に至りました。

 

 

その既存ブロックのクラックも度重なる地震や土圧等の影響を受けたのだろうと思いますが、やはり手前、中、奥では通りも高さも1~2cmの狂いがありました。

 

 

フェンスまでその通りと高さにあわせてしまうと、波を打ったような仕上がりになってしまうので、柱の埋め込みで高さを調節してます。

 

 

本体設置は明日となります。
嵩上げコンクリートと集水桝2013.02.19
水路改良工事は、130219_115442別働隊で嵩上げコンクリートの布設が始まりました。

 

 

設計ではU字溝の天端に型枠を組んでコンクリート打設だったのですが、手間を考えたら製品のほうが早いし、楽だし、恐らく金銭的にも安く上がるのではないかということで、元請さんが変更したようです。

 

 

しかし、ただU字溝の上に並べていくもんだと思っていたものが、1cm前後の目地を付けなければならない事になり、また一苦労だと思います。

 

 

甘くないです。

 
130219_115455

最下流の集水桝布設も完了し、嵩上げコンクリート布設の後を追って、埋戻し作業に入ります。

 

 

天気が安定してくれないと困ります。

 
現調・現場・見積り2013.02.18
130218_090815現調は戸田市内処理場施設内の改修工事です。

 

 

施設内地下にある、22m×16mの巨大なチェッカープレート(縞鋼板)の撤去と玄関のタイル、階段のノンスリップ、基礎の薄塗りモルタルの撤去となります。

 

 

ネックはこの巨大チェッカープレート撤去となりそうです。

 

 

やはり、タンク内に不純物を入れてはならないらしく、この状態のままガス溶断やサンダー等で切断する事が出来ません。

 

 

蓋の上に吊り治具を溶接し、1枚1枚手で外しながらレッカーで吊り、撤去するそうです。

 

 

吊り治具溶接、撤去までは別の専門業者がやる事になったので、弊社は集積された廃材の溶断、運搬、処分という業務です。

 

 

監督さんから『改めて見積もり出来ますか?』と言われましたが、『専門業者さんに左右されてしまうので、常用にしてください』と取り決めさせていただきました。

 

 

3月初旬の着工です。

 

 

現場は鴻巣市M様邸外構工事です。

 

 

130218_111824

今日は下請けさんも2人で来てたので、手を出すことはしませんでしたが、目隠しフェンス、カーポート、多機能門柱等の納入日の確認をしました。

 

 

金物製品は弊社持ちという事になっています。

 

 

作業内容は、土間、犬走りの型枠設置、ブロック組積、インターホンの配線埋設です。

 

 

インターホンもサン木、ヌキを使い、仮設で立ててくれました。

 

 

心使いに感謝です。

 

 

130213_134509見積りは先日現調してきた巨大ホッパー解体工事です。

 

 

元請さんが材料の仕様を拾い出してくれたので、それを見ながら重量を計算し、重機の選定をしなければなりません。

 

 

ネットで検索しながら、H鋼は何キロ、山形鋼は何キロと地道な作業です。

 

 

一気に吊れるのか?、分割しなければ吊れないのか?まずそこを弾き出さないと何も始まりません。

 

 

『誰か知ってたらおしえてください!!』と叫びたい気持ちです。

 

 

現調と現場と見積りという1日です。

 

 

ちょっと小休止。

 

 

風邪をひいたのか、頭が痛い・・・

 
ついに・・・22013.02.17
水路改良工事の元請の監督であるO氏が入籍したという話を聞き、妙に感慨深い気持ちになりました。

 

この男O氏、仕事は本当に明るく実力は相当なものです。自分の知ってる限りでは、CADをやらせたら右に出るものはいないという感じです。

 

弊社の去年の耐震補強工事でも、この男のおかげで全てがうまくいきましたし、今現在でも3、4現場掛持ちで管理するほどの兵です。

 

しかし、独身という殻から一歩を踏み出せず、いいかげん、無謀、だらしないという3つを絵にかいたように歩んできてしまいました。

 

自分はO氏と出会って9年位になりますが、20代の頃は平気で無断欠勤、しかも1ヶ月位会社に来ないこともありました。

 

来たと思うと、ハンマーナイフ(草刈の重機)で水路に落ちて足首を骨折したり、コンバインドを回送車に積もうとして、振り落とされアバラを骨折したり、血便が出るほど浴びるように酒を飲みまくり入院するなど、両手では数えきれないほどの無謀さでした。

 

でもこれからは変わりそうです。いや変わらなくてはならないでしょう。

 

聞くところによると、『できちゃった婚』だそうです。

 

明日の身銭稼ぎ、週末の酒代稼ぎという感覚から、強制的に嫁さん子供のために稼ぐという感覚に変わらなければなりません。

 

仕事に対する考え方も変わってくる事を祈るばかりです。

 

33歳、自分も第一子を授かった年です。まだまだ遅くはありません。

 

ぜひ頑張って下さい!!
飛ぶ鳥後を濁さず!!2013.02.17
130217_132627今日は日曜ですが休日出勤で水路改良工事です。

 

 

元請さんで2人、弊社から3人の合計5人でやってきました。

 

 

奥に見える狭いスパンは、水路両サイドのコンクリート打設のみを残しようやく抜け出し、気兼ねなしの田んぼの中のU字溝布設が始まりました。

 

 

工程的には半分いくかいかないかぐらいでしょうか。

 

 

130217_1326403月に入ると自分の管理する現場も重複してくるし、どうしても弊社直営班で賄う工事があるので、とても他の会社のお手伝いをしてる余裕もなくなってきます。

 

 

元請さんには『2月一杯で上がらせてください』と打診をさせていただきました。

 

 

ただ、お金には変えられない大事なお付き合いというものがあるので、格好だけは付けなければなりません。

 

 

『飛ぶ鳥後を濁さず』という意味で、日曜出勤をする事にしました。

 

 

弊社にも賛同してくれる人間がいて助かりました。

 

 

早いもので2月も後半戦です。残りを精一杯、責任を持ってやりたいと思います。
鴻巣市M様邸外構工事 着工2013.02.16
130216_094313本日は、ようやく鴻巣市M様邸外構工事の着工に漕ぎ着けました。

 

 

変更、追加などありましたが、弊社の都合で3週間位先延ばしにしていただき、誠に恐縮です。

 

 

それでも弊社直営班の手は空かず、またまた、先日桶川市外構工事でお手伝いいただいた(有)エクステリア・ウェーブさんにご協力いただきます。

 

 

このウェーブさんも忙しいらしく、社長さん自ら1人で乗り込んできました。

 

 

130216_094329今日は、自分と社長さん2人です。

 

 

しかし2人で4馬力+重機。

 

 

朝15分ぐらい図面を見ながら打ち合わせしただけで、パタパタ進んでいきます。

 

 

自分は途中、滑川のお客様のところに打ち合わせを兼ね御見積書ご提出に現場を離れましたが、大変だろうと思い昼飯も10分位で済ませ、すぐさま戻りました。

 

 

130216_160731
僅か2時間で下地の基礎砕石が敷き終わってました。糸下がりもばっちりです。

 

 

おまけに、今日は無理だろうと思っていた、犬走り部分と掃き出しのコンクリート部分の下地まで2人で人力でやってしまいました。

 

 

久しぶりにスカッとした1日でした。