エクステリア部ブログ

葛藤そして決断の朝2013.04.30
130430_082309久喜市O様邸外構工事、立上り基礎のコンクリート打設です。

 

 

今朝は4:30起きで、天気予報とにらめっこから始まりました。テレビ、携帯、インターネットどれを見ても雨予報でした。

 

 

1時間経ち、2時間経っても結論がでませんでしたが、最後背中を押してくれたのは生コン屋さんの一言でした。

 

 

『今日キャンセルすると、連休明けになってしまいますよ!!』

 

 

130430_095754

AM6:30に決断し、職人さんたち4人に『やるよ!!』と電話をかけました。

 

 

もう後へは引けません。

 

 

そんな葛藤のあった朝でした。

 

 

130430_143654
しかし、運も天も味方をしてくれました。

 

 

コンクリート打設開始まもなく、パラパラと降ってきましたが、大したことが無くて良かったです。

 

 

養生用にシートも積んで行ったのですが、心配御無用でした。

 

 

無事コンクリート打設完了です。

 
130430_153722

天端を両面、面取りをしました。

 

 

自分で言うのも何ですが、ここまでやる業者は滅多にいないと思います。

 

 

自信作になる事間違い無しです。

 

 

これからGWは養生期間です。

 
プロ集団!!2013.04.29
130429_104116雲を掴む様な話でしたが、現実味を帯びました。

 

 

早起きして、杉戸、加須の進捗確認を終えた後は、群馬県館林市内の工場の『巨大ホッパー解体工事』の最終打ち合わせです。

 

 

元請さん、自分、弊社会長、岩槻市内鉄骨屋さんA社社長、親方、同じく岩槻市内鉄骨鳶の親方、地元加須市のレッカー屋さんK社社長、総勢7人のプロ集団の打ち合わせとなりました。

 

 

これだけの面子のアポを取るのは、なかなかしんどかったですが、全員祭日を返上して集まってくれました。

 

 

130429_101903
知ってる、解かるではなく、『確実に出来る』人達です。

 

 

出来るとはどういうことかを知っている人達です。

 

 

出来るからこそ、今日の打ち合わせが貴重な時間になる事を誰もが感じています。

 

 

誰もが、目の前の敵の大きさを感じています。

 

 

130429_101916この現場は、固形燃料の製造会社なので、ガス溶断という武器が使えません。

 

 

しかし、各々現場を見る目が真剣で、その眼差しには自信が見えました。

 

 

確実にやり遂げます。

 

 

確信する事が出来ました。
横の繋がり!!2013.04.29
130429_080539久喜市の外構工事にかかりきりになり、協力業者にお願いしてる他現場の進捗状況をアップするのが疎かになっていたのですが、本日、ようやく確認する事ができました。

 

 

先ずは、22日から着工した、杉戸町H様邸解体工事です。

 

 

建物の形はすっかり無くなっています。

 

 

昨日、今日は日祭日の為、休工です。

 
130429_131346

続いて、25日から着工してる、加須市U社様の囲障工事です。

 

 

23箇所の控えを施工してます。

 

 

既に埋戻しが完了してますが、下には既存の基礎に1箇所当たり3本の差筋アンカーを打ち込み鉄筋配筋し、ベースコンクリートを打設後、各所2段のブロックを積んだ状態です。

 

 

130429_131328

既存の鉄筋を利用し、この上に8段のブロックと笠木を積む予定です。

 

 

24日から着工した羽生市納屋解体工事は、弊社直営班が責任を持ってやってくれて、無事予定通り27日に完了しました。

 

 

『便りがないのは無事な証拠』と言いますが、確認に行けないのは、本当に忍びない思いをします。各々責任感ある協力業者さんなので助かります。

 

 

これからも切磋琢磨し合える協力業者さんと、横の繋がり、絆を大事にしていきたいと思います。
運も天も・・・2013.04.29
130427_161900久喜市O様邸、立上り基礎の型枠が完了しました。

 

 

型枠の裏表に単管パイプを背負わせバンセンで縛り、通りの水糸、下墨、型枠が垂直になるように水平器で確認しながら、型枠が動かないように桟木で固定していきます。

 

 

強風の為、水糸が安定せずにやきもきしましたが、型枠の固定は完了です。

 

 

130427_161910
続いては、立上り基礎の仕上がりの天端に磁石を付けていきます。この磁石が仕上がりの良し悪しを左右する大きな役割を果たします。

 

 

コンクリートを均すのは人間です。磁石1個1個の間隔をあけすぎると、均し手が高さに困ってしまいます。今までの経験上、80cm~1m当りに1箇所位が理想ではないかと思います。

 

 

次は、サナモールド(型枠剥離材)を噴霧器で散布します。

 

 

130427_161921
型枠を撤去する際に、コンクリートの付着を防ぐ役割があります。

 

 

後は、コンクリートを打設するのみです。

 

 

しかし、予定日は雨予報なんです。

 

 

全てがうまくいく時には、運も天も味方をしてくれるのですが、果たして・・・
間一髪!!2013.04.26
130426_154655本日も久喜市O様邸外構工事は、引き続き立上り基礎の型枠設置です。

 

 

途中、フリーパネルのコーナー材が足りない、短い材料が足りない、平セパが足りない等のロスがあったものの、形になりました。

 

 

PM3:40に降り出した夕立に間一髪間に合いました。ギリギリセーフ。

 

 

130426_154709大急ぎで道具や資材の片付けを行い、撤収です。

 

 

明日は、単管パイプを背負わせ、型枠を固定し、高さを出し、剥離材を塗って生コン打設の準備になります。

 

 

しかし、これから梅雨や夕立に泣かされます。

 
加須市囲障工事 着工2013.04.25

本日から外構工事がもう1現場着工となります。
IMG_2515

自分の生まれ育った町、加須市(旧大利根町)のU社様の囲障工事です。

 

 

田んぼを2つ挟んだ近隣の家への防音対策という経緯で、既存の基礎の上にブロックを8段と笠木を積みます。

 

 

延長は約96.4m。控え23箇所という内容です。
IMG_2513

2,000本以上のブロック積みです。

 

 

1日200本積める人なら10日間というところですが、そう甘くはありません。

 

 

既存の基礎が高いところと低いところで7cm以上の高低差があるので、1段目でブロックを加工し高さを合わせるという作業と、控え部は新規でベースコンクリートを打設してからブロックを立ち上げるという作業があるので、大よそ3週間位の工事になりそうです。

 

 

弊社協力業者、地元の(有)並木組様にご協力いただいております。
立上り基礎型枠設置2013.04.25
130425_131622久喜市O様邸外構工事。

 

 

本日の工程は、一昨日打設したベースコンクリートの型枠撤去、トランシットで通りの確認、墨出し、立上り基礎の型枠設置という流れです。

 

 

 

 

130425_131636

基礎の延長は70.4mなので、その倍の140m分の型枠が必要になります。

 

 

写真のように型枠を配って外側を組んでいくのは早いのですが、内側は控えが4m当りに1箇所入るので細かい作業になります。

 

 

その後、通りが真っ直ぐになるように、単管パイプを背負わせバンセンで縛ったり、動かないように杭を打って型枠を押えたりという作業を行います。

 

 

また、生コン打設後、養生期間を経て、この型枠を撤去し、磨いて油を塗って倉庫にしまうという流れになります。

 

 

天気予報とにらめっこしなければなりません。
羽生市納屋解体工事 着工2013.04.24
130424_082535本日は、地元加須市のお得意様G社様よりご依頼の、羽生市納屋解体工事の着工日です。

 

 

雨の為に、瓦降ろしはできませんでしたが、作業開口部の樹木の伐採や仮設鉄板敷き、残置物の撤去を行い、明日に備える事にしました。

 

 

この納屋ですが、既に傾いています。

 

 

お施主様も地震がある度にヒヤヒヤするので、一掃の事解体してしまおう
130424_081801という経緯です。

 

 

約1ヶ月前に現調に来たときには、ご家族総出で納屋の中の物を片付けていたのですが、やはり片付きれない物が残ってしまいました。

 

 

このような場合、見積上では『残置物処分費』『残置物撤去費』『残置物運搬費』と、かかってくる経費は全て別途という取り決めをしていますが、いざ当日お客様に大まかな金額を伝えると、『そんなに高いの?』という方がたまにいます。

 

 

弊社では、事前に町のゴミ収集日にお出しする事をお勧めしております。それでも残ってしまう残置物に関しては、確実に処分費、経費が発生しますので、ご了承くださいませ。
平均年齢65.75歳2013.04.23
130423_082209今日の久喜市O様邸外構工事の工程は、朝一からベースコンクリートの打設です。

 

 

78歳の田村さんを筆頭に、中島さん72歳、松本さん70歳、自分43歳と、今年から定年退職の年齢が段階的に引き上げられるらしいですが、その引き上げられた65歳を上回る、平均年齢『65.75歳』となりました。

 

 

この団塊世代の人達『疲れた・・・重い・・・腰が痛い・・・』のような泣き言は一切言いません。

 

 

130423_112224
まるで、口に出したら負け!!のような暗黙の了解があるのでしょうか?

 

 

しかし、足腰にはかなりきている様子ですが、『大丈夫!!まだまだ!!』

 

 

このやせ我慢?意地が好きです。どうせ張るならこんな意地を張りたいものです。

 

 

『今の調子なら後20年はできる!!』この冗談も好きです。

 
130423_141624

物の無かった時代から体一つでやり抜いてきた人達は、衰えを知りません。この団塊世代の方たちと仕事ができるのも残り僅かでしょうが、その背中は忘れません。

 

 

そして、その背中を見て覚えたものは、自分たちの財産です。

 

 

その財産は、自分たち世代で途切れてしまうでしょうし、この先受け継がれてはいかないでしょうが、本当に大きな功績だと思います。

 

 

ひよっ子が言うのもおこがましいですが・・・
杉戸町解体工事2013.04.23
130423_150242昨日から着工の杉戸町H様邸解体工事です。

 

 

弊社協力業者の須長建材さんにご協力をお願いしてます。

 

 

昨日のうちにカーポートを撤去し、二期の外構工事で再利用するみかげの敷石も撤去し、重機を搬入しました。

 

 

130423_145955本日は、総勢5名で単管足場の養生設置と内装材の撤去です。

 

 

一週間位前に他現場で単管パイプを50本位盗まれたらしく、現在平行して行っている現場の足場を朝一で撤去して、すぐさまこの現場に持ってきたらしいです。

 

 

まったく悪い人間がいるもんです。

 

 

近所の方曰く、『日中堂々とヘルメットを被って積んで行ったよ!!』との事です。

 

 

130423_150512

それだけ堂々とやられたんでは、近所の方も気にも留めないでしょう。

 

 

内装材撤去の状況です。まるでテロにでも遭ったかの様な画像ですが、この後フレコンパックに綺麗に詰めます。

 

 

この協力業者の社長さんとは、前会社から12年位の付き合いになります。その会社では共に鎬を削りあいました。

 

 

解体工事というものを隅から隅まで知り尽くした人で、信頼できる人間の1人です。
解体工事と外構工事2013.04.22
130422_084628先日のブログで解体工事と外構工事の違いについて触れましたが、本日より約10日間、自分が管理する現場がまさしく解体工事、外構工事の現場となりました。

 

 

杉戸町H様邸の解体工事の着工の為、いつものように、届出済みの『建設リサイクル法』のステッカーを、弊社の建設業の許可票に貼り付けて、見やすいところに掲げます。

 

 

続いて、お施主様にご協力いただいて、『お清め』です。これまたいつものように東から時計回りに行いました。

 

 

まだ、お施主様の荷物の片付が残っていたので、向の仮住まいのアパー
130422_101338トまで運ぶのを手伝い、協力会社さんと再確認をして現場を後にしました。

 

 

2現場目は引き続き久喜市O様邸外構工事です。

 

 

ベースコンクリートの型枠と鉄筋の配筋も完了しました。

 

 

昨今地震が多い事もあり、一般の方でも耐震性などにかなり神経を傾けてる方が増えてきました。

 

 

自分は地震が少なかろうが、多かろうが関係なく、『より強靭に、より安全に、より廉価で』という信念は曲げないように今までやってきました。

 

 

130422_101351

『安かろう、悪かろう』という業者が少しでも減る事を祈って已みません。

 

 

自信を持って画像をアップしますので、ご検討なされている方、どの業者にしようか迷っている方がおりましたら、『エクステリアカンガルー 榎本工業 株式会社 工事部 島田』までご連絡ください。
『大胆さ』と『繊細さ』2013.04.20
今日、10時の一服の時に、仲間から借りている職人さんに『解体工事は大変ですか?難しいですか?』と聞かれ、『何でもそうだけど、覚えてしまえば難しくはないよ!!』という話題になりました。

 

 

そこで、自慢するわけではないですが、何でもござれの自分から、チャレンジしてみたい人に必見、解体工事と土木工事全般や外構工事の違いに触れてみようと思います。

 

 

もちろん、当然の事ながら、双方段取りやイメージは大事だと思います。

 

 

解体工事というのは、どっちに倒そうか?などの『計算ずく』というのはありますが、工事中に数字の計算は殆どありません。必要なのは度胸とここ一番の思い切りの良さや『大胆さ』だと思っています。

 

 

以前のブログでも書きましたが、猫が手招きしてる様に慎重になりすぎると、逆に危険です。

 

 

建物全体や周りを広範囲で見れれば、難しい物ではありません。

 

 

変わって外構工事。土木工事や外構工事には、『高さ、幅、深さ、糸下がり等』の数字は必ず付き物です。数字を無視する事ができないが故に、難しさはあります。

 

 

特に外構工事には、『繊細さ』が必要だと改めて感じます。

 

 

重機の使い方や技術もかなり違います。

 

 

解体工事と外構工事、取り壊しと物造り、0にするか100にするか、無くしていくか半永久的に残る物を造っていくか。

 

 

お客様の関心もかなり違います。当然ですが・・・

 

 

『大胆さ』と『繊細さ』両方の資質や技術を兼ね備えるのは、簡単そうで実は難しい事なんです。

 

 

殆どやる気、気の持ちようでしょうが・・・

 

 

一度の人生、難しい事にもチャレンジしましょう。

 
ベースコンクリート型枠と鉄筋配筋2013.04.19
130419_163146昨日は、健康診断と挨拶回りの為、休工にしましたが、引き続き久喜市O様邸外構工事です。

 

 

本日の工程は、ベースコンクリートの型枠設置と鉄筋配筋です。

 

 

立上りの布基礎は基礎砕石 t=100

 

 

ベースコンクリート t=150 w=600

 
130419_140354

鉄筋 L筋D-10㎜ @200 横筋D-13㎜ @200

 

 

立上り布基礎 H=430 w=120 道路面本みかげ組積部 w=150

 

 

という計画になっています。

 

 

130419_163211

工事延長もL=70.4mと結構なボリュームなので、一筋縄ではいきません。

 

 

そこで、人の5倍は働く『秘密兵器』の登場です。

 

 

『高速結束機 リバータイア』

 

 

130419_140347
鉄筋を結束するときには、早いし便利です。

 

 

左手で鉄筋を交差して持ち、後はインパクトドライバーの容量でボタンを握ると自動で結束してくれます。

 

 

鉄筋を結束した事のある人ならば分かると思いますが、ハッカーで結束するよりも、5倍から10倍の早さです。

 

 

お試しあれ!!

 
解体工事の近隣挨拶回り2013.04.18
130418_104608本日は、年一回の健康診断を終え、来週月曜日から着工の杉戸町H様邸解体工事の為、近隣のお宅の挨拶回りをしました。

 

 

このお客様は、弊社HPよりお問い合わせをいただき、解体工事と新築外構工事のご依頼を承りました。

 

 

融資の関係で解体工事と外構工事の2工事を、限られた予算内でやりたいという事です。

 

 

もう早速新築外構のプランニングに追われてますが、精一杯ご協力したいと思っています。

 

 

話は変わりますが、流石住宅街だけあって、挨拶軒数はざっと12軒。

 

 

珍しく殆どがご在宅の家ばかりで、事前にお施主様が挨拶をしてくれてたおかげで、スムーズにご了解をいただきました。

 

 

しかしながら、12軒の挨拶回りというのは、結構大変です。

 

 

『しばらくの間、ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくおねがいいたします。』と、同じ事を10人以上の方に言うわけです。

 

 

何とも言えない汗が出てきます。

 
体がもう一つあれば・・・2013.04.16
130415_165243狭山市外構工事が完成したからといって気は抜けません。

 

 

午後から、昨日着工を迎えた久喜市O様邸の外構工事です。

 

 

昨日は、他現場が延期になり、予定外の5名という大人数で行いました。

 

 

約50mの垣根があったのですが、重機2台、チェーンソー2台を投入し、伐根まで1日で片付けてしまいました。

 

 

130416_163903

本日は、立ち上がり基礎及びブロック部、延長71mの掘削と基礎砕石敷き均しと転圧です。

 

 

午前中は狭山に行く為に、昨日のうちに別のオペと段取りの打ち合わせをしたつもりだったのですが、そのオペから何度も何度も電話があったので気が気ではありませんでした。

 

 

やはり、レールを敷いてあげて、尚且つ丁寧に背中を押してあげないと、まだ荷が重過ぎるのかなという感じです。

 

 

『体がもう一つあれば』と心底感じた1日でした。

 

 

レールを敷いて、背中を押してあげた有難味を忘れないでいてくれればいいのですが・・・
狭山市外構工事 完成22013.04.16
130416_110926お隣のK様邸も、本日完成を迎えました。

 

 

土間コンクリート(メッシュ5㎜、伸縮目地5m、金鏝仕上げ)24㎡

 

 

スペースガード(車止め)TOEX S60型 2本

 

 

カーポート TOEX キューブポートレギュラー 縦2連棟 24-50型 (切り詰め加工共)1基

 

 

仕切りブロック C100組積 7.4㎡

 

 

概ねこんな内容でした。

 

 

お隣S様の新築外構とは違い、ほぼ外構のリフォーム(リガーデン)でした。

 

 

2軒の外構工事を同時に施工するのは滅多に無い事です。それなりに色んな神経を使いましたが、良い経験をさせていただきました。

 

 

K様、お世話になりました。
狭山市外構工事 完成2013.04.16
130416_110934狭山市S様邸外構工事が、本日無事完成しました。

 

 

土間コンクリート(メッシュ5㎜、伸縮目地2.8m、金鏝仕上げ)23.7㎡

 

 

スペースガード(車止め)TOEX S76型 埋込み式 鎖内蔵型 4本

 

 

コンクリート製枕木 エスビック スーパー枕木 2.8㎡

 

 

130416_125626

グレーチング蓋取替え 300用 乗入用 9m

 

 

仕切りレンガ エスビック ロイヤルパイン・ブリック 小端立て 12m

 

 

C100組積 道路面・花壇部 4.2㎡

 

 

フェンス設置 タカショー 合成竹垣 7.1m 独立基礎共

 
130416_125455

庭造作及び赤土投入 1式

 

 

ポスト・表札設置 オンリーワン 1式

 

 

他にも細かい工種はありましたが、概ねこんな内容でした。

 

 

130416_130312
最終日の今日は、自分も初経験の表札を設置しました。

 

 

この表札、写真では分かりにくいですが、苗字が加工によりくり抜いてあり、後ろからLED照明で照らす事ができます。

 

 

あまりにも特殊すぎて、途中で工具を買いに行く破目になりましたが、違和感無く取り付ける事ができました。

 

 

夜が楽しみです。

 

 

元請のR社様、S様お世話になりました。
変わらない体質22013.04.12
先日、〇町のお客様に解体工事のご成約をいただき、本日、その解体工事に伴い、〇町に建設リサイクル法の申請手続きに行った時の話しです。

 

弊社代表より届出先の部署(県土整備事務所)の場所を聞き、職員に『リサイクル法の手続きをお願いします。』と声をかけると、

 

『木造家屋の手続きはこちらでは取り扱っていません。〇町役場の方になります。』との答えが返ってきました。

 

『こちらで取り扱っているものは何ですか?』と尋ねると

 

『鉄骨造、RC造の規模が大きい物です。』との事。

 

『何で一緒にしないんですか?』と再度質問すると

 

『そうですよね。業者さんは大変ですよね。』と返ってきました。

 

縦割り行政の弊害かと、腑に落ちない思いのまま〇町役場へと向かいました。

 

『リサイクル法の手続きをお願いします。』と、今日2回目のお伺いをたて手続きは完了。

 

役場の職員にも『一緒にできない理由は何ですか?』と、同じ質問をしてみました。

 

『建築基準法第6条4号に基づいて・・・』

 

『???そうですか。』もっともらしい事を言われましたが、難しくて意味が分かりません。

 

因みに分別解体や産廃の適正処分云々の指導や管理は〇〇環境管理事務所というまた別の機関の管轄になるわけです。

 

『大胆な〇〇』『機動的な〇〇』『異次元の〇〇』アベノミクスも良いですが、まず縦割り行政や二重行政からくる無駄をなくして欲しいものです。

 

一般人にとってのメリットは何一つありませんね。メリットどころかただ効率が悪いだけです。

 

このように一般人には分からない縦割り行政や二重行政なんかは、まだまだ腐るほどあります。

 

知ってても思っていても変えない。叩かれるまで変えようともしない。

 

我々の血税が垂れ流しです。