エクステリア部ブログ

井戸を侮る無かれ!!2013.07.31
しばらく前ですが、川口市内花屋の解体工事の着工の際に、お施主様と自分と協力業者の社長さんで、井戸のお清めをしました。

 

5日前に、井戸の撤去をし、息抜きの塩ビ管を差込み、川砂で埋め戻しを行い、今日まで何事も無く無事に進んでいると思っていましたが・・・

 

今朝現場に到着すると、線香の臭いが漂ってきたので、協力業者の社長さんに訳を聞くと、ここ2日間で3回も悪い事が起きたとの事。

 

ファミレスの看板に、ダンプでバックしてぶつけた事故。現場にいた従業員が自家用車でお釜を掘る事故。極めつけは、他現場で2人分の弁当を盗まれた盗難事件。

 

それを聴いた瞬間、思い当たる節が頭を駆け巡りました。

 

3日前に伐採した樹木の積み込みの際、その社長さんが、間違って息抜きの塩ビ管を抜いてしまったのです。

 

急遽近くのホームセンターに塩ビ管を買いに行き、直したという経緯がありました。

 

本当に科学では解明できないものがたくさんあるという事です。

 

3つ目の弁当盗難事件は、思い出すだけで笑ってしまいますが、次の日にバックは見つかったらしいです。

 

バックの中の携帯もそのままで、弁当だけは米粒一つ残さず食べられていたそうです。

 

しかも、律儀に割り箸を折って、ちゃんと蓋が閉まっていたそうです。

 

2人前。
川口残土搬出2013.07.31
川口残土搬出引き続き、川口市造成工事。本日は、掘削した残土の搬出です。

 

 

かれこれ14,5年の付き合いのあるダンプ屋さんです。

 

 

毎年この夏場の時期は、暇だと嘆くダンプ屋さんが、今年は時期はずれの公共工事が忙しいらしく、無理を言って2台だけ廻してもらいました。

 

 

しかし、草加の処分場まで往復1時間半。回転が悪く、思うように捗りません。

 
川口路床掘削3

知ってる限りのダンプ屋さんに、電話を掛けまくりましたが、今日の今日では捕まるはずもありません。

 

 

明日は、更に無理をお願いし、3台で搬出します。

 

 

話はずれますが、昨今残土処分を依頼するには、前金で支払わないと成立しないものになってきています。しかも高い。

 

 

このダンプ屋さんは、『良いよ!島田さんなら信用してるから!!』と言ってくれましたが、『自分が払う訳ではありません!』と冗談交じりで成立してます。

 

 

絆に感謝です。
1人造成工事2013.07.30
川口路床掘削川口市の現場も、解体工事、追加の伐採工事も完了し、本格的に造成工事へとスイッチしました。

 

 

本日は、路床の掘削、鋤取りです。

 

 

協力会社さんは、川口市内でもう一現場稼働中で、何かトラブルがあったらしく、全員そっちに行ってしまいました。

 

 

重機を借りて、朝からほぼ1人作業です。

 
川口路床掘削2

重機で少し掘っては降りて行き、レベルや糸下がりの確認をし、また掘っては確認と、乗ったり降りたりを何度も繰り返します。

 

 

『暑ちぃ!!』口から発する言葉はこれくらいです。

 

 

明日は、大型ダンプで残土の搬出です。

 
ゲリラ豪雨襲来!!2013.07.29
130729_105947今日は朝から雨ですが、涼しいうちに現場を進めようと、追加の伐採工事です。

 

 

看板越しで、後ろは4mの断崖絶壁、条件はあまり良くない場所なので、4tユニックで吊りながらチェーンソーで伐採してます。

 

 

しかしここ最近、外仕事の人間には泣きがはいる天候です。

 

 

晴れれば猛暑、雨なら涼しいのは良いですが、汗と雨でビショビショになってしまいます。

 
130729_110111

そして最悪なのが、バケツをひっくり返したような突然のゲリラ豪雨。

 

 

写真の様に床付が完了しても、ゲリラ豪雨で土が流れ込んでしまいます。

 

 

洪水や土砂災害に苦しんでいる地域に比べれば、まだ全然可愛いもんですが・・・

 

 

何でも今年は、去年の3.5倍のゲリラ豪雨が襲来して来るんだそうです。

 

 

昼飯もゆっくり食ってられません。

 

 

自然の猛威の前には、成す術がありません。
時の流れに身をまかせて・・・2013.07.27
この業界にいながら他人事の様な感想になってしまいますが、ここ最近、木くずを積んだ解体屋さんのダンプを、1日に何台も見ます。解体屋さんは大忙しです。

 

産廃の処分場でも処理が間に合わず、受入が予約制になっている所もあるとか。

 

しかし、残念ながら期間限定付の書き入れ時となるのは否めません。

 

この駆け込み需要が反動、落ち込みに変わるタイムリミットは、刻一刻と迫ってきてます。

 

まるで余命を宣告されているかのようです。

 

自民党が、間違いなく来年4月から消費税を上げるでしょう。以前のブログでも書きましたが、新築住居購入に関して言えば、今の5%の消費税が適用されるには、9月30日までに契約か3月31日までに引き渡し完了のどちらかです。

 

建て替えが圧倒的に多い中、解体工事だけ取り上げてみれば、まさしく今がタイムリミット前です。

 

弊社でも、リーマンショック以降は需要が落ち込み、『畑違いの仕事に手を出そうか』等と悩んだ時期もありましたが、その現実が間違いなくやってきます。

 

時の流れに身をまかせるだけで良いのか?身をまかせるしかないのか?そんなに大袈裟に考える事はないのか?最悪の事態を考えるべきなのか?考えるだけ無駄なのか?答えは今のところ解かりません。

 

好きな歌『時の流れに身をまかせ♪』の続きは、『一度の人生それさえ捨てる事も構わない♪』となります。

 

更に続きは『今はあなたしか愛せない』恋愛の歌でした。

 

恋愛と仕事を一緒にしてはいけませんね。

 

人生捨てる事は出来ません。
解体工事から舗装工事 実戦編2013.07.26
130726_1430457/11の『解体工事から舗装工事』という記事の中で、工事を単体で分離発注するよりも、弊社に一括発注するとコストの削減につながるという事を、数字を使ってご説明しましたが、本日は、現実味を帯びた実戦形式でご説明します。

 

 

解体工事もいよいよ終盤に入り、後ろでは伐採を行っています。手前では、自分が重機に乗り、土留めとなるブロック塀の掘削を行っています。

 

 

解体工事は、木造平屋(一部2階建て)38坪、樹木(大3本)伐採、庭石(大8個)撤去、井戸撤去埋戻し、土間コン、ブロック撤去という概ねの内容です。

 

 

130726_111514このボリュームだと、業者によってやり方は違えど、大よそ8~10日間の工期を要すると思います。

 

 

解体工事は今日で7日目。分離発注をすると、この後伐採した樹木の積込搬出、養生材やゴミ、根っこ等の片付け、整地という作業をしなければなりません。

 

 

弊社では、7日目にしてブロックや舗装仕上がりの遣り方を出し、土工事を始めています。

 

 

しかも、現場管理費や監督経費は一切かかりません。

 

 

130726_111522

概算で、丸2日分以上のコストが削減できます。

 

 

10~2で解体工事。2~10で外構・造成工事。

 

 

間の4は、お客様に還元という事になります。

 

 

弊社にとっても、流れの中から効率を生み出す事ができ、経費の削減に繋がります。
音色と花火2013.07.25
130721_200139我が家の子供達も、待ちに待った夏休みに突入です。

 

 

自分からすれば、少ないと感じる夏休みの宿題も、長女からすると、大量に出されたと思っているようです。

 

 

その宿題の中に、リコーダーと鍵盤ハーモニカがあるようで、毎日帰宅して車のドアを開けると、鍵盤ハーモニカの音色が大音量で聞こえてきます。

 

 

『鉄腕アトム』『木星(ジュピター)』等々。

 

 

自分が小学生の頃、音楽は好きな方で、自分で言うのもなんですが、音感は優れていた方だと思っています。その血を引き継いだのか、長女もいつの間にか上手くなっています。

 

 

しかし、『ただいまー』と玄関を開け、『上手くなったな!』の言葉にかぶせる様に、練習をピタッと止め、『花火をやろう!!』となってしまいます。

 

 

『風呂ぐらい入らせろ!』『晩飯ぐらい食わせろ!』いつもこんな調子です。

 

 

くつろぐ隙もありません。

 

 

そのうち、嫌でも相手にされなくなる日がやって来ると思います。遊んでやるのも今のうちです。
校舎改修工事終了も・・・2013.07.25
さいたま市内K校校舎改修工事の3期工事が、昨日終了しました。

 

今後は、秋口に4期工事、冬休み期間中になるであろう5期工事という流れになります。

 

現在弊社では、坂戸市内でもう1校、校舎の改修工事を行っています。工事のボリュームは相当なものです。

 

毎年夏休み期間中の耐震補強工事や改修工事を請負って施工しますが、改めてきつい工事だと感じます。

 

毎日何百人もの人間が、熱中症で救急搬送される様な猛暑の中、無風の校舎の中で、埃や騒音に塗れながらの作業。それこそ一歩間違えば死と背中合わせです。

 

それだけ大変な工事なので、如何に利益を出すかというよりも、如何に無駄な体力を使わず、極力効率良く、無駄な出費をしないかという考えになります。

 

そして、工務店等の元請の監督にも、十人十色でいろんな人がいます。

 

完璧に先行して段取りをしてくれる人。全て業者任せの人。

 

一切妥協しない人。ある程度言い分を聞き入れてくれる人。

 

細かい人。大雑把な人。

 

多種多様です。

 

ほんの2年前までは、『監督の段取りが・・・』という様な言い訳を、口を揃えて言ってましたが、それで終わってしまうとあまりに代償が大きい事に気付いたのです。

 

それからは、現場主導、極力自分達のペースで施工できる様に、時には監督に注文したり、可能な事はお願いするようにしています。

 

払った代償から活路を見出す。毎年毎年きつい突貫工事を経験してきた答えです。
井戸のお清め2013.07.24
130724_075704引き続き川口市内木造花屋解体工事です。

 

 

現場も、残すところ建物の基礎撤去、樹木伐採、井戸撤去埋戻し、草に埋もれた残置物の撤去という状況です。

 

 

本日は、元請の社長さんにご足労いただき、解体工事終了後の外構及び舗装工事の打ち合わせをしました。

 

 

どうやらその社長さん、昨日、一昨日の2日間病院にいたらしく、腸にでき
130724_075653たポリープの除去をしたそうです。

 

 

そんな事とはつゆ知らず、大変なところ申し訳ございませんでした。

 

 

外構、舗装工事の打ち合わせも終わり、世間話をしながら現場を一緒に眺めていると、井戸の話題になりました。

 

 

かれこれ13年以上も前の話で、この業界に来て間もない頃、川越市内の病院の解体工事をやった時に、通常井戸の埋戻しの際には、息抜きを130724_094711入れ川砂で埋めるのですが、息抜きを怠った事がありました。

 

 

それから1年位は、不運続きだったという話をすると、その社長さんも『過去に、信じられない事があった』とおっしゃっていました。

 

 

それだけ井戸には注意しなければなりません。

 

 

お施主様と一緒にお清めをしました。

 

 

因みにウンチクですが、井戸のお払いには、『梅』の枝と『ヨシ(河川敷に生えている)』を用意します。

 

 

『埋めて良し』だそうです。

 
ねじれ解消も・・・2013.07.22
参院選挙は、自民党圧勝という形で幕を閉じました。

 

選挙投票率52%位?もはや民主主義の多数決ではなく少数決。

 

それだけ国民は冷めているという事でしょう。

 

しかも、期日前投票で、『自・公圧勝か?』等と報道された日には、行く気も失せた人が多いかと思います。

 

自分は格好をつける訳ではありませんが、人任せが嫌いなので行くには行きましたが、『さて、どうしようか?』という状態でした。

 

実際そんな状態になった人も多いかと思います。

 

夜テレビをつけると、正義面した政治家達が万歳三唱してます。

 

ただただ呆れ顔でボーっと見てました。

 

また、おとなしい日本人の上に胡坐をかく政治の始まりです。

 

しかし、良くも悪くもねじれは解消です。

 

言い訳は出来ないという事を肝に銘じるべきです。
最後の最後まで・・・2013.07.22
130722_101933さいたま市内K校校舎改修工事を途中抜け出し、同時進行中の川口市木造花屋解体工事の進捗確認です。

 

 

うなぎの寝床の様な長い建物も、半分近くまで解体が進んでいました。

 

 

弊社のミニユンボで動かそうと試みた庭石を、一箇所に集めています。

 

 

1個1t以上もあろうかという庭石が7~8個。

 

 

130722_102055

流石でかい重機だとあっという間です。

 

 

『気をつけてください』という言葉を残し、再びK校に戻りました。

 

 

この現場の協力会社の社長さんから、PM5:00過ぎに電話があり、『庭石をダンプに積んだら、ゴロンと転がって、ダンプのアオリが曲がっちゃったよ!!』という連絡が入りました。

 

 

130722_095544

『それは、社長の責任でしょ!!』と軽く流したんですが、最後の最後まで気は抜けないという事でしょう。

 
公共工事の落とし穴22013.07.22
130722_162523いよいよ学校も夏休みに入り、校舎の改修工事の始まりです。

 

 

さいたま市内K校。1期工事は既存アスファルト、駐輪場他撤去工事、2期工事はRC造浄化槽撤去工事、今回は3期工事となり、校舎内給食室他の改修工事です。

 

 

1Fから3Fまでの数箇所の部屋や教室の天井や床、壁の撤去工事です。

 

 

写真は床のシートをペッカーという機械を使い剥がしていますが、仕様書130722_165543
通りの床材(人研ぎ)だったら、わざわざ高いお金を払ってこんな機械を借りずに済んだはずでした。

 

 

前回の現調の時に、ウレタン塗膜塗装だというのが判明し、予め機械を段取っていたので、すんなり撤去方法を変えることが出来ましたが、それでも予定の1日間では剥がしきりませんでした。

 

 

おまけに機械が壊れてしまったのか、途中でピクリともしなくなり、明日出直しです。

 

 

過去のブログでも書いてきた、『公共工事の落とし穴』

 

 

気持ちを切り替え、帰りは追跡写真を撮りながらの運転でした。
伊奈町R様邸フェンス取替え及び物置設置工事 完成2013.07.20

伊奈町R様邸フェンス取替え及び物置設置工事が、本日完成しました。

着工前
陸川邸着工前

完成
陸川邸完成

・ 既存メッシュフェンス撤去 21.61m

・ 柱部コア抜き φ50 12箇所

・ フェンス設置 TOEX シャレオR3型 T-8 2.0m

・ フェンス設置 TOEX シャレオRP型 T-8 19.61m

・ 物置設置 タクボ M-156AT ムーンホワイト 1基

全て色はホワイト系で統一しました。

弊社では、工事の大小に関わらず、いつでも全力投球です。

R様ありがとうございました。お茶のおもてなしもありがとうございました。
プレゼントと引き換えに・・・2013.07.18
130718_075232川口市内木造花屋解体工事は、昨日で、大量にあった残置物の撤去搬出も概ね完了し、本日より、本体工事に取り掛かりました。

 

 

先ずは、現場出入口の歩道、歩道用側溝、アスファルトの駐車場への影響を防ぐ為に敷く、仮設鉄板の運搬です。

 

 

一枚1.6tの鉄板を5枚づつ2回戦。川口~岩槻間。

 

 

弊社の協力会社であるS社さんに、朝一で重機を回送してもらい、ダンプが往来する箇所に敷いていきます。

 

 

130718_083624

この0.45m3級バックホウはゴムキャタですが、既存のアスファルトは透水性なので、ダンプが走っただけで表面がボロボロ剥がれてしまいます。念には念を入れてコンパネで養生をしてます。

 

 

リースした仮設鉄板10枚が敷き終わり、今度は帰り荷の積み込みです。

 

 

業務用冷蔵庫と弊社所有の0.12m3級バックホウ。

 

 

130718_105930

この業務用冷蔵庫は草花の保存用に使っていたらしく、中は臭いですが、一昨日まで全開稼働中で、まだまだ使えます。

 

 

仲間に声をかけると、『使うからちょうだい!!』という事で、仲間のところに直送です。

 

 

その仲間は、来週から中学校校舎の改修工事を手伝ってもらう、大利根町のN社。

 

 

プレゼントと引き換えに、がんばってもらいます。

 

 

『ついでに安くお願いします!!』
分別手間と処分費 どっちが得?2013.07.16
130716_134417川口市木造花屋の解体工事再開です。

 

 

この現場は、弊社に工事を発注している元請さんと、花屋を営んできたお施主様は別々です。

 

 

今日でこの現場も3日目になりますが、着工初日、2日目は、元請さんとお施主様とで着工日の認識の違いか、残置物、所謂着工初日に残っている物が、お施主様にとって必要な物というのがかなりあったようでした。

 

 

勿論、弊社は『この日から着工してくれ』という元請さんの指示に従ったわけですが、着工したからには、作業の手を止められない自分達と、必要な物を母屋まで運ぶお施主様達という構図になってしまったのです。

 
130716_134425

強制撤去をしている様な、なんとも忍びない気持ちになり、先週金曜日の午後に、3連休で必要な物を片付けていただくという解決策を、元請さんにご提示させていただき、ご足労いただき話を纏めていただきました。

 

 

そのおかげもあり、3日目の今日は、殆どの物を分別積込する事が出来ました。

 

 

・廃プラスチック ・ガラス陶磁器くず ・本 ・ダンボール ・金属くず ・プランター植木鉢から出した植木草花 ・最後に分別不可能な混合廃棄物

 

 

130716_134434
種類も豊富です。

 

 

『分別手間と処分費、どっちが得か?』頭の中で計算しながらの作業になります。

 

 

これも最後は経験が導いてくれます。
スクリーンタイプフェンス設置2013.07.13
130713_111941引き続き、伊奈町R様邸フェンス取替え工事です。

 

 

昨日、フェンスの柱の設置が完了し、本日は、フェンス本体の設置です。

 

 

道路から2.0mは、視界を遮らないように横格子のフェンス。それから奥までは、スクリーンタイプのフェンスを設置しました。

 

 

・TOEX シャレオR3型 H=800 2.0m

 

 

130713_112022

・TOEX シャレオRP型 H=800 19.6m

 

 

色は、門袖、門扉に合わせたアイボリーホワイト。お施主様が好きな色です。

 

 

メッシュのフェンスから、すりガラス調のフェンスに変わった事で、また違う印象となり、グレードもアップしました。

 

 

残すは、物置の設置です。
一安心2013.07.12
IMG_2651鴻巣市、伊奈町経由で11:00に川口市の現場に到着。

 

 

人工さん2人は暑さでバテバテです。

 

 

そこに合流し、残置物で一杯になったコンテナを入れ替え、再び残置物をひたすらコンテナに投入。

 

 

130711_125710

流石花屋さんだけあって、草花、盆栽などの植木鉢とプランターの量は、想像を絶するもの。

 

 

1個1個草花、盆栽の中身を出し分別です。

 

 

陽だまりの中、この暑さで嫌気が差しますが、やれば確実になくなっていくと自分自身に言い聞かせないと気が遠くなります。

 

 

IMG_2652

粗方表は片付いたので、建物内部の残置物に手を付け始めると、花屋さんのご主人が『中の物は殆ど要るものだから!!』

 

 

作業の手が止まってしまいました。この様にダブってしまう時が稀にあるんです。

 

 

元請さんに相談すると、直ぐに飛んできてくれて話をまとめてくれました。

 

 

土、日、月と現場を休工し、その間で必要な物を片付けていただくという取り決めになりました。

 

 

強制撤去のようで忍びなかったので、ちょっと一安心。

 
伊奈町R様邸フェンス取替え及び物置設置工事 着工2013.07.12
130712_084545鴻巣市T様邸の完成を見届けた後は、伊奈町R様邸フェンス取替え及び物置設置工事の着工の立会いです。

 

 

ここは、外注さんに全てお願いする事になる現場で、事前に打ち合わせをしていたせいか、着いた時には既に既存のフェンスは撤去し終わってました。

 

 

信頼なるエクステリア・ウェーブ、流石です。

 

 

既存のフェンスは、TOEXハイグリッドフェンス。強風の時には、隣の畑の土埃が舞い上がり、車がすごい事になってしまうという経緯で、スクリーンタイプのフェンスに取替えます。

 
130712_084532

ブロック天端で切断した柱部分を、コアドリルで抜いていきます。

 

 

既存柱の潜り込みは、約14,5cm。コアドリルの長さは13cm。若干コアドリルの長さが足りず、柱を抜くのに苦労したようですが、柱の部分1本1本ブロックを積み替えるより遥かに効率が良いです。

 

 

今日は、柱の設置で終了。明日、フェンス本体を取付けます。

 

 

と順調に行くはずが・・・

 
130712_085416

材料屋さんの発注ミスで、物置が20日になってしまうようです。

 

 

R様ごめんなさい。

 

 

材料屋さん、しっかりしてください。