エクステリア部ブログ

タコ転圧と除雪作業2014.02.27
140227_080549昨日の天気予報より早めに雨が降り始め、多少予定が狂ってしまった鴻巣市K様邸新築外構工事。

 

雨の為、協力業者さんは現場を休工させ、昨日プレートが入らずに転圧できなかった箇所を、タコ転圧です。

 

タコ、砕石の上から叩き下ろす人力の転圧道具です。

 

勿論手作り。
140227_082127

その後は、なかなか解けない雪の除雪作業。

 

もしこの雪を、その辺りの道路に開けてしまうと不法投棄になるのか?

 

そんな事を考えながら、置場まで運んできました。

 

これで邪魔者はいなくなりました。

 
仕事のセンス2014.02.27
外構工事を手伝ってもらっている協力業者さんに新人さんが入り、昨日はその新人さんを含めての作業でした。

 

内心、この人1週間もたないな…と思いつつ、他の会社の事なので口を挟まず一日を終えました。

 

案の定、その新人さんは一日で辞めたそうです。早すぎる…

 

『こういう仕事向いてないんじゃないの?』『違う仕事したほうが良いんじゃないの?』と思えるような人、皆さんの周りにもいませんか?

 

弊社では、外構・エクステリア工事を始め、土木工事、解体工事と様々な仕事をしていますが、土工なら『スコップの持ち方』、解体工なら『バールの持ち方』で、だいたいその人のセンスは分かってしまいます。

 

腰が高い人、猫がじゃれてるようにスコップを扱う人、一目で半分以上その人のセンスは分かってしまいます。

 

残りの半分は、初心者、未経験者かという事なので、1週間というスパンで様子を見るのですが、自分達世代は、『仕事は人から盗むもんだ!』『見て覚えるんだ!』と育ってきたし、今もその考えは曲げちゃいけないと思っています。

 

もって生まれたセンスだけではなく、後からついてくるセンスもあり、人のやり方を見て吸収できるかというのもまたセンスなんです。

 

やる気があれば、1週間で吸収し化けてきますからね。

 

昔、ハッカー(鉄筋を結束する時に使う道具)の先端のくるくる回る所を摘まんで結束してた人がいました。

 

手取り足取り教える方法もあるのでしょうが、自分には、人のやり方を見てないんじゃないの?という思いの方がどうしても先に立ってしまうので、もう論外なんです。

 

仕事にはやる気も大事ですが、センスも必要です。

 
土留めブロック根伐り2014.02.26
140226_161428まだ日陰には大量の雪が残る鴻巣市K様邸、新築住居の引き渡しも終わり、いよいよ外構工事の本格的始動です。

 

残雪を片付け、土留めブロック部の根伐り、基礎砕石の敷均し転圧という作業でした。

 

前面道路面以外3面、コの字でC120のブロックを4段積み、ウッドフェンス、メッシュフェンス設置。

 

カースペースの土間コンクリート、古煉瓦でアプローチ、Rの門袖ジョリパット仕上げ、樹脂舗装等々…

 

140226_154158

多種多彩のラインナップ。

 

3週間から1ヶ月の工事ボリュームになりそうです。

 

気合十分なのに、また明日から雨予報…
解体工事の昔と今2014.02.25
今日は行田市で進行中の解体工事に、後半の僅か1時間位でしたが合流しました。

 

久しぶりの解体現場だったせいか、昔の事が走馬灯のように頭を駆け巡りました。

 

その昔、弊社の先代が社長をやっていた頃の解体工事というのは、目先の金重視、それこそ早く終わらすことだけを命令され、ただ現場をこなしてたという感じでした。

 

シート養生も、今では単管パイプで組むのが主流ですが、昔は丸太の足場。経験者は分かると思いますが、単管組みより丸太のほうが2倍位早いのも事実です。

 

丸太を組み終わると汚いシートを張り瓦降ろし、初日で瓦まで降ろして来ないとよく唸られたものです。

 

昔はロングの深ボディの4tダンプがあったので、それに満載22m3位の木くずを積んで来ないと、またそこで嫌味を言われたり唸られたり…

 

基礎を撤去する前に下ごみ(混合ごみ)を積んでくると文句を言われ…(基礎を先に撤去すれば、上げた穴に下ごみが埋まるので、搬出量が少なくて済むという理不尽な理由です。)

 

壁土なんか持ち帰った日には一大事でした。

 

酷い時には、瓦降ろしをせずにそのままミンチ解体し、『後は任せた!』と引き継いだ事もありました。

 

今では到底考えられません。

 

しかしそういう経験もあるが故に、色んなやり方、早いやり方を知ってるというのも、自分達世代が最後ではないでしょうか。

 

今は『綺麗に!』『廉価で!』『安全に!』『極力早く!』

 

時代に合ったやり方ですね。
雪の被害とカーポートの依頼2014.02.24
先日の雪による被害に対する保険金が、600億を超えたそうです。

 

杜撰な運営をしている保険会社は二進も三進もいかなくなるのでは…

 

それはさておき、先日の雪の影響で、我々エクステリア・外構工事に携わる業者への依頼は、圧倒的にカーポート関連が多いです。

 

被害に遭われたお客様も、色んな業者に相談してみたり、ホームセンターに問い合わせてみたり、ネットで調べてみたりと頭を悩ませているようです。

 

自分も相談を受ければ受けるほど悩みます。

 

積雪よりも落雪の被害が多いという事。

 

値段が高く、耐積雪量も50cmはあろうかというごついカーポートも被害に遭っているという事。

 

逆に廉価なものに、サポートをしただけのものが耐えているという事。

 

カタログの構造計算を鵜呑みにして良いものか?

 

高価な積雪地タイプのものにすれば、果たして良いものか?

 

自分の事のように悩んでしまいますが、色々調べてお客様にご提案している今日この頃です。

 
割高工事 割安工事2014.02.24
140224_085915行田市S様邸解体工事の進捗状況です。

 

雪の影響と他現場との兼ね合いもあり、今日で何日目?分からなくなってきますが、上屋も今日で片付きそうです。

 

敷地自体は狭小地ではないのですが、幅2.3m程度の橋を渡らないと敷地には出入り出来ないので、自ずと小型重機、小型ダンプでの施工になってきます。

 

どの工事でもそうですが、重機やダンプが小型化すればするほど工事金額は割高になってきます。

 

逆を言えば、大型化すればするほど割安になってくるという事です。

 

因みに公共工事では、この割高算出なんていうものは一切ありません。

 

例えば10㎡の舗装工事をやる場合でも、1,000㎡の歩掛りで出された単価です。10mのU字溝布設をする場合にも100mの歩掛りの単価です。

 

当然採算なんか取れるわけありません。
鴻巣市新築外構工事 着工2014.02.22
140222_133424久しぶりの新築外構工事です。

 

桶川市U社様ご依頼、場所は鴻巣市で本日着工となりました。

 

この現場もまた、2週連続の雪により順延となってきた工事です。

 

あの大雪から1週間が経ったのに、依然雪は残っています。

 

140222_133523

お昼前から雪をかたしながら遣り方をかけましたが、田んぼはコシャコシャで、週明けの本格的始動は難しそうです。

 

道路もまだこんな状態です。
泣くようぐいす平安京!2014.02.20
140220_140623どの現場も先日の雪の影響で思うように進みません。

 

この2回目ともなる遺跡調査も、天気の都合でずっと先延ばしになってきましたが、本日ようやく着手することが出来ました。

 

天気の都合だけではありません。自社の都合と大学教授の都合が噛み合わないと出来ないという工事です。

 

2度目ともなると自分も慣れてきて、教授たちが上り下りする階段を先に作ってやれば効率が良いのだと閃きました。

 

140220_094858
何でも慣れですね。現場は常に色んな事を教えてくれます。

 

それはさておき、前回は掘るのに夢中で教授たちと話もできませんでしたが、今回はなかなか触れることもない歴史の話をする事ができました。

 

何でも、利根川が運んできた砂質土の下は、平安時代の地盤だそうです。

 

苦手な歴史ですが、『泣くようぐいす平安京』

 

794年頃です。
レジェンド2014.02.19
ジャンプラージヒルで個人としては初のメダルを獲得した葛西選手。

 

7回目のオリンピックで悲願のメダルです。

 

19歳で初出場し今季41歳、メダルへの執念もさることながら、そのモチベーションは一体どうすれば保てるんだろうか。

 

苦悩と挫折を幾度となく繰り返してきたんだろう。過去の悔しさが原動力になったんだろう。そう思う他ありません。

 

まさしく『レジェンド』

 

続く団体でも、レジェンド振りを発揮し後輩を引っ張り、見事16年ぶりのメダル獲得。

 

全員が満身創痍の中、日の丸飛行隊復活です。

 

とてもとても真似はできませんが、我々40代にもいい刺激と勇気を与えてくれた葛西選手。

 

これからも伝説を作ってください。

 
悟り世代2014.02.18
先週土曜の早朝、シャッターに霙混じりの雪が叩きつける音に目覚めテレビを付けると、丁度男子フィギアスケートの決勝をやってました。

 

期待のエース羽生結弦選手は滑り終わった後で、最後の選手が演技するという場面。

 

『銀以上は確定!』という実況が聞こえてきました。

 

最後の選手の採点が出ると同時に、羽生選手の金メダルが確定!!

 

インタビューでは、『金メダルだけど悔しい!』というコメント。

 

最近の10代は、ゆとり世代でもあり『悟り世代』でもあると言いますが、怒られながら、唸られながら、それでもしがみつき、団塊世代の背中を見ながら仕事を覚えてきた我々世代とは一味違うようです。

 

スノーボードハーフパイプの平野選手、平岡選手然り、ジャンプの沙羅ちゃん然り、この羽生選手然り、必ず親と支えてくれた皆に心の底からの感謝の気持ちがあるようです。

 

練習方法にしても、叩き込まれるのではなく、自分がやりたいように、自由に、自分が納得できる方法でやっているようですね。

 

自分自身、自分の立場を分かっています。まさしく『悟り世代』

 

一方、部活中に『水を飲むな!!休むな!!』と言われながらヘトヘトになるまでやっていた我々…

 

今考えると馬鹿みたいですが、中学時代から染みついたそういう体育会系のノリは、何時になっても抜けません。

 

良い思い出ででもあり、今後の課題です。

 
雪の被害とカーポートの耐積雪量2014.02.17
140217_085918先日の雪は、前回の降雪量を遥かに上回り、雨も染み込みかなり重量のある雪へと質を変えてしまいました。

 

秩父地方で90cm強、われわれ地元加須市でも長靴が潜ってしまう位でしたから、35cmから40cmは降ったんじゃないでしょうか。

 

その雪はまたしても各地に被害をもたらしてしまいました。

 

被害で圧倒的に多いのがカーポートの破損、次いで下屋(鉄骨造、木造問わず)の倒壊です。

 

140217_074558
原因は、積雪というよりは落雪による被害が多いようです。

 

一昨日は、その被害を受けたお客様よりご連絡があり、昨日、今日とその被害状況の確認と対応に追われました。

 

幸いにもカーポート以外の施工で携わったお客様と、過去に施工したお客様の隣家の方からのご連絡で、弊社で直接施工したカーポートやテラスのお客様は全て無事でした。

 

因みに補償に関する事ですが、カーポートやテラスには耐積雪量(取扱説明書やカタログに記載)というのがあります。

 

その記載されている耐積雪量を超える積雪による破損や、もちろん落雪による破損に対しては、メーカー補償や業者補償はありませんのでご注意ください。

 

自分も我が家のサイクルポートに不安を感じ、廃材を利用し下からサポートをして凌ぎました。

 

実際あの雪の中、雪下ろしをするなんて事は難しいので、ちょっとした細工で補強にはなってきます。
革命的!!2014.02.14
アベノミクス効果か?2020年東京オリンピックを見据えた期待効果か?はたまた昨年の日テレの労働基準監督員のドラマ『ダンダリン』効果か?周囲が変わり始めてきました。

 

どこも人手不足により、人間の流動や引き抜きが出始めましたね。

 

色んな事への対策の為か、周りの会社では一足先に労働者の雇用形態を変えた様です。

 

給料のベースアップは然り、日雇い労働者を無くし、正社員への登用。社会保険、有給休暇の設定等々…

 

普通の会社に勤めている人達からすれば、極々当たり前の事に感じるでしょうが、我々からすると今までには考えられない革命的な事です。

 

公共工事をしていく上では、必要不可欠な事ですけど…

 

しかしそれとは引き換えに、従業員も会社の行事はやらない等の小さいリスクから、必ずそれ相応の利益を現場から上げないとならないという、当たり前ですが大きなリスクを背負わなければなりません。

 

方や経営者は、何が何でも仕事を切らさないという、最も大きな課題と常に向き合わなければなりません。

 

知り合い曰く、『アベノミクスと言うよりは、ダンダリンが突き刺さってしまった!』と言う反面、『自分にプレッシャーを課すと同時に、オリンピックへの向こう6年で若い世代を育てたい!』という事でした。

 

先を見据えた取り組み。

 

そして、建設業界にも明るく、そして難題への兆しか…
雪対策2014.02.13
140213_133141行田市解体現場のお清めを済ませ現場を後にし、盛土整地工事再開です。

 

先日の雪もようやく乾き始めたところで明日も雪予報。

 

整地は仕上がっていませんが、雪対策の為に5,6反分はあろうかという広大な敷地を4tコンバインドで転圧です。

 

何故転圧か?というと、整地しただけの土の上に雨や雪が降ってしまうと膿んでしまい、テロンテロン(土方の職人の表現)になってしまいます。

 

140213_140825
現場はまだ先日の雪の影響で濡れてる所もあり、そこに入ったら最後コンバインドは身動きが取れなくなってしまい蟻地獄状態。

 

その度にユンボで引っ張って脱出しなければなりません。

 

他職人がインフルエンザで休みの為に、一人で引っ張っています。

 

この先行した転圧作業も『KY(危険予知)』と言えるかも知れませんね。

 

約3時間の転圧も終わり、一先ず安心です。
行田市S様邸解体工事 着工2014.02.13
140213_081507本日は、地元加須市のお客様G社様ご依頼で、隣町行田市S様邸の解体工事が着工となりました。

 

なんの変哲もない木造平屋建て住居ですが、水路に架かる橋を渡って敷地という、いつもとは若干条件が異なる物件です。

 

ここで気を付けなければならないのが橋の強度。普通乗用車位なら出入り可能程度の構造だと一目でわかります。

 

構造自体も、下はボックスカルバートではなく、アーム柵渠の上に床板をのせコンクリートをスロープ状に打設してあるだけです。

 

140213_081454

崩壊の危険があるので、朝一に橋の上に仮設鉄板を敷き、尚且つ下からサポートで補強することにしました。

 

ここまでして崩壊するようであれば諦めるしかないという状態です。

 

無事何事もなければそれで良し!

 

あってからでは時既に遅し!30万強の出費になってしまいます。

 

大事なのは『KY』危険予知できるか。

 

経験の数だけ『KY』も増えていきます。
たった数十秒で…2014.02.12
ようやくメダル獲得です。

 

スノーボードハーフパイプで、15歳の平野歩夢が銀メダル、18歳の平岡卓が銅メダルを掴み取りました。

 

ゆとり世代と侮るなかれです。

 

日本国民、そして自分も期待していたジャンプ高梨沙羅ちゃんは、惜しくも4位。

 

リアルタイムで見ることはできませんでしたが、今朝のニュースを見て愕然としてしまいました。

 

しかし、あの小さい背中に日本国民の期待を背負ってオリンピックの舞台に立ち、メダルには届かなかったものの立派なものです。

 

ジャンプは向かい風の方が有利なんですが、沙羅ちゃんが飛ぶ時には追い風だったそうです。

 

何年も何十年も練習を重ねに重ねて、4年に一回の、そしてたった数十秒で順位が決まってしまうオリンピック。

 

そして、その数十秒に運も天も味方にしなければ勝てないというオリンピック。

 

厳しいですね。
残念そして期待2014.02.11
ソチ五輪も4日目、未だメダル獲得は無いものの、それぞれの選手頑張ってます。

 

期待していたスノーボードスロープスタイルの角野友基、惜しくも8位でしたが、若干17歳先は長い、これからも頑張って欲しいものです。

 

滑る前にお辞儀、礼儀の正しさでは金メダルですね。

 

悲願の金メダルをと上村愛子、いけたと思ったんですがね… 結果は4位。

 

こぶの間の谷でブレーキをかけながらターンする多くの選手に対し、上村のターンはこぶを利用してターンするトップレベルのターンなんだそうです。

 

それでも、頭がぶれない谷でブレーキをかけながらターンする今のトレンドが重視されてしまいました。

 

勝負ごとにタラレバはありませんが、滑る順番としか言いようがありません。残念です。

 

自分も若い時には毎週末出かけるほど、スキー、スノーボードにはまった時期もありましたが、何であの急斜面で飛んだり回転したり出来るんだろうと思います。

 

上に立つと分かりますが、ほぼ断崖絶壁です。こぶを滑って降りてくるだけでも至難の業ですからね。

 

昨晩のスピードスケート、加藤、長島共々もメダルには手が届きませんでした。

 

これからに期待しましょう!!
完成は何時になるやら…2014.02.10
140210_080815まだまだ密かに続いてる盛土整地工事です。

 

あと少しというところで天候に泣かされています。

 

諦めるしかありません。

 

この雪が乾くのを指を咥えて待ってる訳にはいかないので、順番は違いますが前倒しをして仮設鉄板を返却してしまおうという事になりました。

 

またまた弊社の8t回送車で、岩槻のリース屋まで4回戦です。

 

最近では年のせいか、運転しっぱなしの1日というのもキツイ!!

 

今週末も天気が悪いみたいなので、完成は何時になるやら…
雪だるま&かまくら2014.02.10
140208_115522降りましたね!27cmの積雪は45年ぶりだそうです。

 

先週土曜日は、長男の幼稚園最後の発表会だったので、予め会社を休む予定でしたが、そうじゃなくても外仕事が出来る天候ではありませんでした。

 

その発表会も中止になるかもという感じでしたが、雪の中決行。

 

恥ずかしがり屋の長男も去年よりは成長し、最後はビシッと決めてくれました。

 

140209_093431

発表会の後は雪だるま作り。

 

そして雪も止んだ日曜日にはグレードもアップし,かまくらまで作ってしまいました。

 

我が家の約70㎡ある土間コンクリートに積もった雪を、片っ端から掻き集め作った力作です。

 

腰が痛い…