エクステリア部ブログ

栃木県栃木市K様邸野立て太陽光 グランドスクリュー杭打込み工事2015.11.28
 

今朝は、車のフロントガラスに霜が降りるほど、一気に冷え込みました。いよいよ布団から出るのが億劫になる季節ですが、生ぬるいことは言ってられません。

 

今週水曜日に着工となり、昨日スクリュー杭の材料配りをした、栃木県は栃木市藤岡町で102本のグランドスクリュー杭の打ち込みをやってきました。

 

DSC00688 DSC00689太陽光の向きは、南、若しくは南南西に向け設置しますが、この現場は、南北のラインに対してひし形。

 

南へ約2.0m程下るような斜面だけなら深く考えずに済むのですが、東から西へも1.5m程下る斜面なんです。

 

それに対して、架台やパネルは水平に設置しなければならないので、当然地盤が低い西へ行けば行くほど、グランドスクリュー杭の潜りは浅くなってきます。

 

これを計算しながらの施工、本当に頭を使う現場でした。

 

何とか打ち込みを完了した所でお施主様が到着し、ご確認していただくことが出来ました。

 

潜りが浅い杭に対しては、ご自分でコンクリートで根巻きをするそうで、一先ず安心です。

 

ご請求書をお渡しし、現場を後にしました。

 

K様、大変お世話になりました。
群馬県・栃木県野立て太陽光 2現場2015.11.28
 

昨日は、群馬県邑楽群大泉町T様邸で、残りのグランドスクリュー杭20本の打ち込み、場所を変え、栃木県は栃木市藤岡町K様邸で、同じくグランドスクリュー杭の打ち込みと、2現場のダブルヘッダーとなりました。

 

DSC00677 DSC00680先ずは大泉町T様邸。朝一から残りのアレイ1スパン分のスクリュー杭打込みを開始。

 

午前中に完了し、重機や道具を回送車に乗せ、30㎞離れた栃木市藤岡町K様邸に移動。

 

重機を降ろし、スクリュー杭の材料配り。

 

最南まで50mの距離、しかもスクリュー杭は2mもので、結構重量があります。

 

一般人だと2本持つのがやっとの所、何年か前に解体現場で出たリヤカーに、限界まで乗せ場内小運搬です。

 

何でも大事にとっておくものですね!
群馬県大泉町野立て太陽光 グランドスクリュー杭打込み工事2015.11.28
 

今週は、野立て太陽光の設置工事が2現場。

 

一昨日は雨の中、先週レイアウトの割付やスクリュー杭のポイント出しを行った、群馬県は邑楽郡大泉町T様邸で、グランドスクリュー杭の打ち込みを開始しました。

 

DSC00673 DSC00674約1,500㎡の敷地に75kwの太陽光発電所を新設します。

 

お馴染み、グランドスクリュー杭打込み専用のアタッチメント、アースオーガーを装着した重機で、128本のスクリュー杭を打ち込んでいきます。

 

スクリュー杭の天端を揃えるためには、オートレベルが欠かせません。

 

精密機械なので雨に濡れないようにテントを張りながらの作業です。

 

元請の職人さんも合流し、スクリュー杭を打った傍から架台を組み立てていくという流れ。

 

ぬかるんだ畑の土に足を取られ、思うように捗りませんでしたが、無事ノルマ終了です。

 

条件にもよりますが、スクリュー杭の1日当たりの打設数は90~100本程度かと思います。
栃木県栃木市K様邸太陽光スクリュー杭工事 着工2015.11.25
 

昨日とはガラリ一変、気温も一気に下がり冬の訪れを感じる1日となりました。

 

本日より、栃木県栃木市地内K様邸で、太陽光の基礎となるグランドスクリュー杭の打込み工事が着工となりました。

 

DSC00671 DSC00672今回の太陽光発電所の完成までの一連の工事は、なんとお施主様であるK様自ら、土地の選定から外周の土留め、材料の発注、架台、パネルの設置までおやりになるという現場です。

 

スクリュー杭打込みや建柱など、個人では出来ない工種のみ、施工業者に依頼するという事で、9月にお声がけをいただき、ようやく準備も整い本日着工となりました。

 

知識は勿論の事ですが、やる気と根気がないと、なかなかご自分でやろうという発想にはなりませんが、いやはや御見それいたします。

 

K様の行動力に感銘を受けたというと大袈裟かもしれませんが、K様の一助になれればという気持ちと、自分にとっても吸収できるものがあると思い、今回の工事を請けさせていただいたという経緯です。

 

着工日の今日は、レイアウトの割付とスクリュー杭のポイント出し。

 

南北のラインに対してひし形の地形、全ての隣地境界ラインから50.0㎝中にパネルが納まるように配置をしなければなりません。

 

結構難しいんですよ!

 

いつも以上に頭を使う1日でした。
群馬県大泉町内野立て太陽光造成工事 着工2015.11.21
 

昨日より、群馬県は邑楽郡大泉町T様邸で、さいたま市K社様ご依頼の、野立て太陽光発電所の造成工事が着工となりました。

 

DSC00664 DSC00666 DSC00667 DSC00668最近では現場まで100㎞前後が当たり前になった太陽光の工事、今回は、弊社置場より28㎞と近い現場です。

 

1,600㎡の敷地に75kwの太陽光を設置する予定です。

 

0.12㎥級バックホウ、0.2㎥級バックホウ、2.5tコンバインド、計3台の重機を導入しています。

 

先ず、フォークのアタッチメントを装着した0.2㎥級バックホウで、影響部の植栽や垣根等の樹木の伐採伐根。

 

4tダンプで3台分はあろうかという幹や根っこを、敷地の片隅に山積みにしました。

 

お施主様が暇を見て小切りにし、軽トラで町の処分場に運ぶそうです。

 

バケットの付いた0.12㎥級バックホウで、高低差を平らにしながら、排土板で整地を行い、2.5tコンバインドで整地し仕上げとなります。

 

元請社長さんとO氏陣頭指揮の中、地縄を張りながらレイアウトの割付を行って、1日目が終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 
春日部市S様邸新築外構工事 土留めブロック工2015.11.19
 

引き続きの埼玉県春日部市内S様邸新築外構工事。

 

『天候に泣かされる現場になりそうだ』という予感が見事的中。何の得どころか、予定を組み直さなければならないという余計な手間が増えるだけ…

 

DSC00660 DSC00661昨日の天気、予報では昼前から土砂降り。生コンと人工をキャンセルした途端、晴れ間が広がり、雨の降り出しはPM2:00。

 

結果『昨日は出来ましたね!』今朝は皆、口を揃えて出た言葉。

 

気を取り直して、本日快晴の中、土留めブロックのベースコンクリートの打設及びブロックの根付けを行いました。

 

前日の溜まった雨水を水中ポンプで水替えしながらの打設。

 

久しぶりにコンクリートホッパーの登場。

 

元請さん所有の高台の土地を借り、低い田んぼで待機している一輪車に生コンを投入し、そこから一輪車で運ぶという流れ作業です。

 

今週は週末まで天気は良さそうですが、果たして…
春日部市S様邸新築外構工事 着工2015.11.16
 

本日より、埼玉県春日部市内S様邸で新築外構工事が着工となりました。

 

新規のお客様、同じく春日部市内の造園業者N社様からのご依頼です。

 

DSC00656 DSC00657 DSC00658このN社社長さん、自分よりも年は若くまだ30代ですが、まあ現場が大好きな職人気質。

 

若くして、現場を熟すことがこの道を極める近道、経費も浮くという事を熟知しています。

 

着工日の本日は、土留めブロックの根伐と砕石地業。

 

先週の雨の影響もあり、わさわさと水が湧き、山が崩れてしまいます。

 

コンパネで簡易山留をしながら、掘削、床付けを行い、松杭L=2.0ⅿを15本の千鳥打ち。

 

基礎砕石を敷き均し、転圧をかけ、1日終了となりました。

 

何となく、また天気に泣かされそうな予感がしますが、無事年内完成を目標に頑張りましょう!!

 

 

 

 
形を変え、品を変え…2015.11.14
 

こんにちは、埼玉県の外構工事業者エクステリアカンガルー工事部です。

我々一般サラリーマンが納める厚生年金と公務員が納める共済年金が、一元化される?された?というニュースを、最近よく見ます。

『官民格差の是正』こんな響きの良い言葉を聞けば、『ようやくやる気になったか!』と思う人もいれば、『当たり前だ!』と感じる人もいるでしょう。

自分も『今まで何でやんなかったのか?』ふと一瞬はこう思ったんです。

しかし裏を返せば、将来的に共済年金が破綻するので、厚生年金と一元化し、サラリーマンに養ってもらうとういうご都合主義的な考えが見え隠れしますね。

今までは、『国民の為に働いているのだから、一般人より優遇されて当たり前だろう』こんな感じで、払う額は少なく、貰う額が多いという矛盾を、何十年も平気で続けてきたのに、ここにきて『官民格差の是正』という国民受けするような大義名分に変更するなんてのは、本当に日本は公務員様、様なんですね。

しかも、減った分は何かに形を変え、品を変え、ちゃんと懐を補えるようになるんでしょう?

国民年金の自営業者さんとの格差も是正し、公務員の『守られる』という優遇をなくさない限り、本当の格差はなくなりません。

 

 
加須市S様邸リガーデン工事 土間工事2015.11.12
 

朝晩めっきり冷え込むようになりました。今月初めに38°の熱を出してからというもの、咳と鼻水が止まりません。

 

毎年恒例のように出てくる会話ですが、『今年の風邪は長引きます。』

 

しかし、現場を止めるわけにはいきません。今月初旬に着工となった加須市S様邸リガーデン工事では、最終の工程、土間コンクリート打設です。

 

DSC00651土間屋さんとポンプ車を手配し、13.5m3の生コンを打設しました。

 

120㎡の土間コンクリート金鏝仕上げ、やはり土間屋さんを頼らざるを得ません。

 

買って間もないであろう、土間フィニッシャーで丁寧に施工してくれました。

 

朝一から打設し、仕上がりはPM4:30。段々と生コンの渇きも遅くなってくる季節です。

 

 

 

 

 
加須市内S様邸リガーデン工事2015.11.07
 

今週中旬より、地元の埼玉県は加須市内S様邸で外構工事(リガーデン工事)が着工となりました。

 

いつも手伝ってもらっている地元先輩の仕事で、弊社では機械、材料、労務請けという変則的な形で入っています。

 

DSC00646 DSC00647お施主様の奥さんも大利根弁全開の先輩に当たります。

 

『ひゃっこくねーん?』意味わかりますか?

 

『冷たくないのかい?』という意味です。

 

そんな感じの奥さん、庭の手入れが嫌になり、ほぼほぼ全面土間コンクリートにしようという工事です。

 

犬走り、車庫内部も含め、約150㎡のコンクリートをポンプ車で打設します。

 

 
チャレンジ???2015.11.02
こんにちは、埼玉県の外構業者エクステリアカンガルー工事部です。

『チャレンジ』かっこ良く、素敵な言葉です。

自分からすると、今までもこれからも一生使うことのない言葉ですが、最近ではこの『チャレンジ』という言葉が好きで、使いたがる経営者や上司が増えてるらしいですね。

成功の次のステップに進もうとするスポーツ選手や、何の私利私欲のない、ただ目標だけを見据える子供や学生なら使う価値がある言葉だと思いますが、一つの成功も収めていない一般人で『私はチャレンジしています!』と公言する人もいないでしょう。

いるとすれば、それこそ独りよがりな自己満足な言葉になってしまい、聞いた他人も『どうぞ勝手に!』という感想しか持たないでしょう。

逆に、今世間では無謀で無茶な目標やノルマを、この『チャレンジ』というかっこ良い言葉に置き換えて強要する人間が増えているようです。

その成れの果てが、先日の傾いたマンションのデータ改竄のような事件に発展してしまうんだと思います。

あくまで個人的に決めたり、感じたり、思ったりする精神論ですから、他人に強要するものではありません。

自分の器に見合った言葉選びというのは難しいですね。