エクステリア部ブログ

羽生市M様邸外構工事 アフターケア2016.04.30
 

3週間前に、新築外構工事が完成しお引渡しの済んだ、埼玉県羽生市M様邸。

 

本日は、エクステリアのメンテナンス、アフターケアに行ってきました。

 

DSC01088 DSC01089外構工事は、家の新築工事や車や電気製品等々のように保証書があるわけではありません。

 

正直な話、工事代金さえお客から貰えばそれで良い、クレームにも対応しないという業者も数知れず…

 

お客様にとっては、家と一緒で一生に一度の大きな買い物。

 

ご縁あって結ばれた出会い、信頼関係を保つためにも、アフターケアは欠かせません。

 

本日のアフターケアのメインは180m2の芝。

 

枯れた芝はないか確認しながら、水を撒き、人力ローラーでまんべんなく転圧してきました。

 

多少まだ茶色い部分もありますが、根も張り青々として、空の青、LIXILクリエラスクの樹ら楽ステージ(ウッドデッキ)とうまく調和しています。

 

近くを通りがかった時や現場の合間にアフターケア。勿論無償です。

 

絆や信頼関係はお金では買えません。

 

 

 
自粛・配慮2016.04.28
 

こんにちは、埼玉県の外構業者エクステリアカンガルー工事部です。

東日本大震災から5年、あの大災害も冷めやらぬまま、今度は熊本での大震災。

今も尚、900回以上の余震を繰り返しながら2週間が経ちました。

自分に出来る支援というとコンビニの募金ぐらいですが、有名人の想いや激励を綴ったツイッターやブログが結構叩かれるようです。

手を差し伸べよう、励まそうと心からの想いや激励に対し、『偽善』だとか『売名行為』だとか言われてしまうと本当にショックだと思いますね。

『自粛』『配慮』難しい問題です。

同じ自粛にしても、叩かれるのを恐れる保身的な自粛と、心の底から配慮した自粛、様々だと思います。

自分は、過去のブログでも書いたように、ここ数年開き直りと割り切りで生きてきているような感じです。

身近なことで言えば、『人に求めない代わりに、自分の家族さえ守れればそれで良い』『ご苦労さんも無い代わりに、お疲れさんも無くて良い』的な発想です。

被災地に行きボランティア活動をする人たち、常識を超えた思いやりや配慮の出来る方たち。

本当に自分の様なちっぽけな人間には真似できない事ですが、これからもコンビニの募金だけは出来る限り続けたいと思っています。

 

 
上尾市K様邸外構工事 庭廻り工事2016.04.26
 

ついこの間桜が咲き散ったと思ったらもう夏日、今日は25°位あったのでは…

 

汗だくになりながら、引き続き上尾市K様邸外構工事です。

 

DSC01086 DSC01085 DSC01087LIXIL エクスポスト(口金式)の設置も終わり、外回りの囲障下地ブロックも完成です。

 

後はジョリパットを塗るだけ…

 

本日は、庭の乱形石張りデッキ、同じく乱形石張りのアプローチや階段の下地のコンクリートの打設。

 

駐車スペースのクラック防止目地の設置を行いました。

 

クラック防止目地、距離が長い場合にはコンクリート打設養生後、フラットソーで後からカッターをいれたりもしますが、だいたい一般家庭の駐車場というと距離も短く、通常エキスパンタイを使用するのが主流です。

 

エキスパンタイは暑くなるこの時期、どうにもならない位曲がってしまうので、施工が容易ではないのが難点なんです。

 

今回初試みで、建築資材に利用されるであろう(用途はわかりませんが…)樹脂ヌキというものを使ってみることにしました。

 

樹脂製のものなので、やはり日向に置いておくと曲がってしまいますが、エキスパンタイのように上下に曲がることはなく、1本が3mあるので曲がりの修正も楽に行えました。

 

外構業者の皆さん、少し値は張りますが『樹脂ヌキ』お勧めです。

 

 

 

 

 
上尾市K様邸外構工事 アプローチ工事2016.04.23
 

引き続きの上尾市K様邸外構工事では、囲障の下地ブロックの組積もほぼ完了し、アプローチ工事に取り掛かっています。

 

DSC01084 DSC01083ブロック塀の仕上げはジョリパット。

 

門柱はタイル張り。

 

階段は乱形の石張り。

 

門扉やフェンスはマイルドブラックの鋳物フェンス。

 

お施主様のイメージは、西洋風の教会や結婚式場がテーマです。

 

久しぶりの大型の鋳物フェンス(四国化成ブルーム門扉)。しかもヒジツボ式なので、ブロックを積みながらヒジツボを埋め込んでいかなくてはなりません。

 

数字とにらめっこの繊細な作業ですが、仮止めまでが完了しました。

 

 

 

 
羽生市M様邸新築外構工事 完成2016.04.21
 

実働約40日間を要した、埼玉県羽生市M様邸新築外構工事が、先週無事完成となりました。

 

DSC00554 DSC00565昨年度、弊社請負の解体工事の着工前。

 

母屋と納屋、そして大型重機でも持ち上げられないほどの石を使った大きな石庭。

 

外構工事で再利用できるものだけを残し、全て撤去し更地にしました。

 

お施主様の思い入れのある、モッコクや紅葉の移植も行い、ハウスメーカーさんの新築工事の完成待ち。

 

 

DSC01074 DSC01076 DSC01075新築住居も完成し、2月下旬より再び外構工事でお世話になることになりました。

 

お施主様ご家族に囲まれながら、何度も打ち合わせを重ねました。

 

お客様との信頼関係を築く大事さ、仕事にするまでのお膳立ての大変さ、改めて感じました。

 

まるで自分の子供を育てていく感覚、遣り甲斐、生きがいを感じた現場。

 

そして最後は、お施主様の最高の笑顔とお礼のお言葉。

 

最高です。

 

特注のL型ウッドデッキあり、渋いガレージあり、裏庭の洋風チックなアプローチや花壇ありで、どこもかしこも最高のドレスアップになりましたが、一押しは玄関からのアプローチ。

 

黒みかげの2丁掛ピンコロで縁取った、黄みかげのリンクストーンのアプローチを歩く先には、円形の黒みかげ花壇。

 

シンボルツリーのロドレイアを囲むように、残した石を足元に、ヒイラギナンテンを副木に、裾をシンプルに彩るナンテン。柿渋のエントランスライト、そして周りにシロタマ石を敷き詰めました。

 

浮き上がって見える最高傑作の花壇。

 

協力していただいた、腕に誇りを持つ『THE一人親方』の皆さん、各業者の皆さんに感謝。

 

そしてM様大変お世話になりました。お心遣いにも感謝です。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 
上尾市K様邸外構工事 囲障工事②2016.04.20
 

同じ日本に住んでいながら、平穏無事な毎日が過ごせることに感謝すると同時に、自然の恐ろしさを改めて痛感する今日。

 

そんな中、自分に与えられた仕事に取り組むべく、上尾市K様邸外構工事を進めています。

 

DSC01081 DSC01082道路側の囲障工事、下地のブロック組積に取り掛かりました。

 

二世帯住宅の2カ所の玄関からのアプローチもぼんやりですが形になってきました。

 

二世帯分のインターフォンや門柱灯の電気配線を入れながらのブロックの組積。

 

間仕切り鋳物フェンスを設置するために段違いにするブロック。

 

ブロック4本回しで積んでいく門柱。

 

複雑で混乱してきますが、どうにかテンションを保ちつつやっています。

 

前面道路の開通日が近づいてきましたが、焦りは禁物です。

 

 
上尾市K様邸外構工事 囲障工事2016.04.13
 

ここにきてまた寒暖の差が目まぐるしい毎日です。時には夏日の様な暑さ、時にはタイツが恋しくなるような寒さ、プラス目が開けられないほどの強風。

 

テンションも上がったり下がったりですが、引き続き埼玉県は上尾市K様邸外構工事です。

 

DSC01080 DSC01079水路側既存土留めブロックの上に、差筋アンカーを設置し、ブロックを積み足しています。

 

土圧により傾いてしまった上に、一部亀裂が入った既存ブロックの上に、5段積み足して、ジョリパットの壁にしたいというお施主様の要望。

 

我々施工業者からすると、下から取り壊して新たにやり直す事を勧めるのですが、どうしてもご予算の壁が立ちはだかってしまいます。

 

残された選択肢の中で出た結論は、『軽量ブロック』

 

スタンダードの重量ブロックを10m×5段積んだ場合、傾いた既存ブロックに2.5t位の重みがかかってしまいますが、軽量ブロックなら半分近くまでは持っていけ、更に内側に控えを3個所とることによって、負担を軽減する方法を選択。

 

何十年ぶりの軽量ブロック、目地切りが忙しいのなんの。

 

ホームセンターでは軽量ブロックの方が安いですが、メーカーからの出値は逆に高いことにびっくり。
上尾市K様邸外構工事 着工2016.04.08
 

本日は、娘の中学校の入学式ですが、残念ながら出席することが出来ませんでした。

 

太陽光の工事でお世話になっている、さいたま市内K社様ご依頼の物件、上尾市K様邸外構工事が着工です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC01070 DSC01071一昨年の11月に見積もりをした物件で、当初工事中だった前面道路も完成間近という状況になり、1年半の時を経てようやく着工です。

 

『早く、早く』と急かされること2週間、気は焦るばかりでしたが、一つの体でそんなには出来ません…

 

本日の作業は、遣り方の前の事前工事。

 

邪魔な間仕切りブロックの撤去、影響部の植栽の移植及び揃えに揃えた植木鉢やエクステリアアイテムの移動です。

 

一体どんな感じに仕上がるのか?

 

乞うご期待!!

 

 
熊谷市S様邸外構工事 完成2016.04.07
 

今月初旬より着工となった、熊谷市S様邸外構工事、2ヶ月間お待ちいただいた工事ですが、何とか日程の調整などのご理解をいただき、本日完成となりました。

 

DSC00366 DSC00403 1 (2) 1 (1)昨年度一期工事着工前

 

 

 

 

一期工事完成

 

 

 

 

今回の外構工事

 

・宅地内土入れ替え 15m3

 

・地先境界ブロック据付(芝の見切り)37m

 

・スプリンクラー用水道配管 32m

 

・列柱設置 H=1,570 30本

 

・列柱設置 H=800 22本

 

列柱はLIXILの汎用形材□60×60 L=5,500 シャイングレーを切断加工し、天端キャップをはめ込んで設置しました。

 

土留めブロックと土間コンクリートの間のスリット部分(w=170)を掘削し、1:1ピッチ(60柱・60隙間…)で設置したのですが、隙間に手が入らずに結構な手間暇を要しました。

 

宅地内の土は、植栽も植えられないほどのズリやガラ混じり、おまけに2tのバックホウでも歯が立たないほどの強固な地盤だったので、これまた苦労しました。

 

固い地盤を取り払い、水捌けの良い畑土と入れ替えたことによって、お施主様がDIYで行う芝や植栽にもやさしい庭に生まれ変わったのではないかと思います。

 

S様、2カ月間お待ちいただきすみませんでした。お世話になりました。

 

 
羽生市M様邸新築外構工事 アプローチ工事③2016.04.05
 

珍しく関東の一部分だけ雨、止みそうで止まない雨の中、引き続き羽生市M様邸新築外構工事です。

 

DSC01065 DSC01067新築住居玄関前と裏口通路のアプローチのリンクストーンの施工も先週終わり、本日はS字のアプローチに沿った目隠しのティンバーの設置を行いました。

 

ディーズガーデン 木目調ティンバー 色はオレンジ。

 

□120×120 L=2,100のティンバーを、GL+1,800、等間隔で設置していきます。

 

新築住居玄関アプローチ前の黒みかげ2丁掛ピンコロ花壇の中は、植栽、庭石、エントランスライトの配置も整い、全体に防草シートを敷き、シロタマ石を敷き詰めました。

 

中の植栽や庭石が浮かび上がるようにメリハリが利いてバッチリ!!

 

自画自賛することも、自信過剰なまでに腕に誇りを持つことも、もの造りには必要なんです。
鳥の目、虫の目!!2016.04.04
こんにちは!埼玉県の外構業者エクステリアカンガルー工事部です。

『保育園落ちた、日本死ね!』という匿名のブログが物議を醸し出しています。

投稿された直ぐの総理大臣の答弁は、『匿名なので本当かどうかわからない…』という子供のような逃げの答弁、無責任な答弁でかわそうとしてました。

いざ、『落ちたのは私だ!』と書かれたプラカードをもった、同じ境遇の子育て世代の人たちが集まった瞬間、態度を一変…

実態を知らない、口先だけの人間のやりそうなことです。

『一億総活躍社会』『デフレ脱却に向けた3本の矢』…上げていったら限がありませんが、本当に口先だけの国民受けするようなかっこいい言葉造りは上手ですね。

国民目線の細かい社会造りは、口先だけの政治家たち。

不倫や賄賂、失態、呆れれるほどの政治家たち。

何が無駄なんでしょうか?

本当に匿名のブログの内容そのもの!!

あれだけ国民を詐欺に合わせた民主党と、それをあれだけ誹謗中傷していた、あれだけあげ足取りをしていた維新の党がくっつき『民進党』

馬鹿じゃないの!支持率なんて上がるわけないでしょう!

無駄な政治家たちを応援するのは、政策の良いとこ取りする経営者たちだけですよ!

『荒んだ一票』ですよ!

『広い視野で見る鳥の目』『細かい所まで行き届く虫の目』我々の様な馬鹿でさえ、そういった目を持たないと仕事がうまく運ばないんです。

少しは見習ったらどうでしょうか?

 

 
羽生市M様邸新築外構工事 アプローチ工事②2016.04.01
 

別現場の為、2日間空けさせていただいた、羽生市M様邸新築外構工事再開です。

 

DSC01027 DSC01042 DSC01041イナバ ガレーディア GR-140-SL-2 内部外部の土間コンクリートも打設が終了。

 

アーバングレーのシャッターが、シックに重厚感をかもし出します。

 

本日は、新築住居前と新築住居の裏口から、ご両親がお住まいの住居までのアプローチ工事。

 

四国化成リンクストーンの施工です。

 

リンクストーンの色はニュー黄みかげ

 

新築住居前のアプローチでは、黒みかげのピンコロ花壇と、見切りのVグレーのピンコロが、より一層栄えて見えます。

 

裏手の外観は、ウッドデッキあり、TYスリーパーの花壇ありで、洋風チックなイメージ。

 

Vレッドの縁取りS字アプローチに、ニュー黄みかげのリンクストーンで、より一層明るくなりました。

 

いよいよ残す工事は後僅か、気を引き締めていきましょう!!