エクステリア部ブログ

杉戸町S様邸リガーデン工事 完成2016.10.25
 

夏真っ盛りの8月下旬より着工となった、杉戸町S様邸リガーデン工事。途中雨の影響で工事が出来ない日が多く、お施主様にもご不便をおかけしましたが、ようやく完成しました。

 

DSC01325着工前

 

庭に草も生えてしまい、先ずは草刈りからスタート。

 

 

dsc01445 dsc01446 dsc01447工事のメインは、この超立体的3D空間を演出する、LIXILのプラスG。

 

プラスG中央の梁に接続した大きな屋根、Gルーフ。

 

通りからの視界を遮る、すりガラス調のGスクリーン。

 

リビングからの風景をガラッと変える、クリエラスクの縦格子スクリーン。

 

角にはピンコロ2丁掛けで扇型の花壇を作り、ハナミズキを植えています。

 

お施主様こだわりのタイルデッキ(INAXコンテⅡ)とローズベリーの乱形石張りが、素敵なくつろぎ空間を演出しています。

 

駐車スペースには、同じくクリエラスクをトッピングしたカーポート、LIXILフーゴAプラス。

 

メタリックローズのヨドコウ物置。

 

オンリーワンの立水栓ジラーレ、色は一際目立つようにマスタード。

 

駐車スペースの化粧砂利だった部分は、インターロッキング(エスビックロシェナチュラル)に変え、防草対策をしています。

 

加工しながら一つ一つ組み立てていくプラスG、建築外構工事とでも言いましょうか。

 

かなりやり甲斐のある、そして自分で施工しながらうらやましいと思うほどの現場となりました。

 

S様、大変お世話になりました。
気持ちに余裕を持って…2016.10.25
 

相変わらず朝晩の寒暖差が激しいものの、ここにきて天気は晴れ続き、外仕事の人間にとっては最高の条件下で仕事が出来ます。

 

色んな現場がかち合いながらも、引き続き加須市内Y様邸テラスハウスⅡ期造成工事進めています。

 

dsc01472 dsc01475 dsc01482外周の囲障土留めブロックの基礎工事。

 

先週、基礎砕石、ベースコンクリートの型枠設置、鉄筋配筋、生コン打設が完了。

 

鉄筋はいつものように、D-13mmをL筋加工し、400ピッチで設置。

 

これでもかという強度を保てる構造です。

 

コンクリートホッパーで、7m3の生コンを型枠の中に打設。

 

コンクリートも固まった昨日は、その型枠を撤去し、化粧ブロック(エスビック スマートC150)の組積に取り掛かりました。

 

工期の延長など、臨機応変に対応してくれる元請H社様のおかげで、工期的にはカツカツではありますが、良い仕事の流れ。

 

『気持ちに余裕を持って良い仕事をする』

 

一番の理想ですよね。

 

 

 

 

 

 
易者身の上知らず!2016.10.20
こんにちは!埼玉県の外構業者、エクステリアカンガルー工事部です。いつも工事部ブログをご愛顧いただきありがとうございます。

一向に冷める気配のない豊洲市場問題に続き、2020年東京オリンピックの競技会場の建設費までもが大問題になっています。

ここまでは言わずもがなわかりきっていた事ですけどね。

問題ていうのには、必ず反対派と推進派というのが当然いますが、本当に役人ていうのは『出来ない理由』を探す事に関してはプロですね。

予算内で出来る理由、方法。

人間が足りなくても出来る理由、方法。

重機、ダンプが無くても出来る理由、方法…

我々は『出来る理由』を考える方が、遥かに一生の中で多いのに…

膨れ上がった建設費による予算の見直し、会場の見直し、当たり前ですよね。

80%の人間が見直しに賛成なんです。これは常識でしょ!

舛添氏のように、どれだけ自分の事を素晴らしい人間だと思っていたのか知りませんが、化けの皮を剥がせば非常識まみれの腐った人間。

本当に東京には多いようです。

『わからなかったら世間に聞け!』

『常識と根拠で対応しろ!』

まさしく『易者身の上知らず』

 
お見事!サイレントパイラー!!2016.10.20
 

『一雨1℃』この時期はこんな感じで気温も下がってくるはずが、一気に寒くなったり、9月の陽気に戻ったりと体がついていきませんね。

 

と、御託を並べても誰も助けてはくれません。気合と根性あるのみ!!

 

dsc01452 dsc01454引き続きの、某小学校浄化槽撤去工事では、再生砂の埋戻し1層残しで、シートパイルの引き抜き作業です。

 

圧入時同様、25tラフター、サイレントパイラー、ポールトレーラー等、大型車両のオンパレード。

 

高いだけあって良くできた機械ですね…

 

サイレントパイラー!!

 

8.5m打込んだシートパイルを、いとも簡単に次から次へと引き抜いていきます。

 

その名の通り『静かに』。

 

お見事でした!!

 

 

 

 
加須市Y様邸テラスハウスⅡ期造成工事 着工2016.10.17
 

暮れに向かって現場もいよいよかち合ってきました。職人不足の中、現場をいかに円滑に進められるか手腕が問われます。

 

dsc01431 dsc01444去年から今年上旬にかけ、テラスハウス1棟完成された同じお施主様。

 

元請け川越市H社様ご依頼の、テラスハウスⅡ期造成工事が、先週着工となりました。

 

いつものように、遣り方、境界杭の逃げを行い準備万端。

 

某小学校浄化槽撤去工事で使用していた重機やシャッター倉庫を横持ち。

 

♪始まりはいつも雨~

 

本日は休工し、明日から本格的始動。

 

 
埋戻しでクライマックス!2016.10.17
 

半袖から一気にジャンパーが欲しくなるような気候になってしまいました。

 

『風をひかないように、ひいてる暇はない』と気合を入れつつ、引き続き某小学校浄化槽撤去工事です。

 

dsc01428 dsc01427 dsc01440FRP造250人槽の巨大浄化槽の撤去搬出、そしてその下厚さ250㎜、120㎡の耐圧コンクリート版約80tの撤去搬出も終わり、埋戻しに取り掛かっています。

 

発生土約200㎥と、大型ダンプで再生砂220㎥を搬入し、深さ4mの穴を下から30㎝ピッチ、13層に分け、撒き出し転圧をしながら埋めていきます。

 

重機や機械もとっかえひっかえになってしまいますが、工種ごとに1番良い効率とコストを考えるのは、自分たち現場の人間のセオリー。

 

0.7㎥級バックホウを皮切りに、ペイローダ―、0.07㎥級バックホウ、サイドローラーと賑やかになっています。

 

この現場もいよいよクライマックス。

 

安全管理を徹底し、無事故で完成の日を迎えたいと思います。

 

皆さん、風邪などひかないようにお体にご自愛くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 
巨大浄化槽現る!!2016.10.12
 

朝晩はめっきり寒く、日中は汗ばむ気温と、一日の寒暖の差が激しく体調の管理が大事な毎日です。

 

朝晩忙しく、ブログがご無沙汰になってしまいましたが、引き続き某小学校浄化槽撤去工事、頑張っております。

 

dsc01415 dsc01419 dsc01421出てきた巨大浄化槽!

 

コンクリート造の浄化槽は何度か経験があるものの、今回のFRP造の浄化槽を撤去するのは初めて。

 

図面や仕様書である程度の想像は出来るものの、やはり目の当たりにするとそのでかさにビックリ!

 

なんと250人槽。

 

地元の産廃屋さんに、22m3入る大型アームロールのコンテナを現場に搬入してもらい、撤去した傍から詰め込みました。

 

1台では入りきらない…誤算です。

 

浄化槽躯体の撤去も終え、耐圧版の撤去に入ります。

 

これだけ掘っても地下水は出てこない。ラッキー!!

 

地下水が出るのと出ないのでは、全てにおいて雲泥の差が出てしまいます。
一に資格!二に資格!!2016.10.05
 

またもや台風が接近しているようですが、引き続き本日も、某小学校浄化槽撤去工事です。

 

dsc01409 dsc01411 dsc014123日間をかけ、浄化槽の周りに126枚のシートパール圧入完了。

 

転落防止の手摺の設置も完了。

 

いよいよ浄化槽の撤去へと入っていきますが、この現場に限らず、公共工事をやっていこうとすると、資格というのが本当に大事になってきます。

 

この現場の工事だけでも…

 

車輌系建設機械、移動式クレーン、玉掛け、高所作業車、土留支保工、地山掘削、ガス溶接、車両系(解体用)…

 

細かく言えばまだまだ限もなくあるのでしょうが、これだけの資格が必要になってきます。

 

実際こんなパーフェクトヒューマンいませんよね。

 

人手不足のうえ、資格者を集めなくてはならないんです。尚且つ出来る人を…

 

経験、実績、知恵は余るほど持っていても、資格取得の風習、重んじる体質の企業でないと、公共工事は難しいですね。
圧巻!!サイレントパイラー2016.10.03
 

早いもので10月に突入、相変わらずぐずついた天候の中、今週も引き続き某小学校浄化槽撤去工事です。

 

本日より、浄化槽の周りをぐるりと囲むように、山留めシートパイルの搬入、圧入作業を行ってます。

 

dsc01404 dsc01405 dsc01407SPⅢ型という形のシートパイル126枚を、セミトレーラーで搬入。

 

大型車で、シートパイル圧入引抜の専用機械、サイレントパイラーを搬入。

 

25tラフターで荷卸し&サイレントパイラーの据付、シートパイルの吊り込み。

 

〇百万があっという間に飛んで行ってしまうような大規模な工事です。

 

それこそ3年に一度位、めったに間近で見ることのないサイレントパイラーは、やっぱりいつ見ても、圧巻さに心奪われます。

 

圧入したパイルに本体を移動しながら、次のパイルを圧入…それ繰り返していく機械。

 

上手く説明できませんが、ざっくり言うと蟹ロボット。

 

ユニットと合わせて¥7,000万…

 

目ん玉が飛び出てしまうような金額。

 

全てが圧巻です。