エクステリア部ブログ

 

引き続き、さいたま市見沼区内N様邸ガーデンルーム設置工事では、天候に左右されてはいるものの、コツコツとタイル工事が進んでおります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERALIXIL CocomaⅡガーデンルームタイプ 湿式タイプ 本当に色んなタイプの仕様があり、フルネームも長いこのガーデンルーム。

 

腰壁の外側には、INAX細割ボーダーのベージュ系を、ルーム内腰壁の内側には、同じくINAXメルヴィオリトスというボーダーを貼っています。

 

多すぎても少なすぎてもロスになってしまう材料の発注もさることながら、貼る作業も手間暇かかります。

 

『だれてくる』業界用語ですが、貼ったタイルが下がってきてしまうので、なかなか一筋縄ではいきません。

 

残すは床タイル。

 

もう一息です。
 

さいたま市見沼区内で施工中のもう一つの現場。

 

F様邸エクステリア工事でも、昨日タイル貼りが完了しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA道路に面する土留めブロックに、海外から取り寄せた300角のタイルを貼りました。

 

言葉で表現するのは難しいのですが、一枚一枚に地層のような模様が入っているので、ランダム感が出てとてもおしゃれな感じです。

 

ただ、材質の違いでタイル用の押し切りカッターが使えず、天端と側面部分は苦労しましたが、無事完了です。

 

こちらもいよいよ佳境。

 

明日は、関東地方も雪が降るという事で、来週再開します。

 

 
 

さいたま市見沼区内では、2現場が稼働中です。

 

N様邸ガーデンルーム設置工事では、LIXIL Cocomaの設置も網戸の取り付け残しで完了、そして床と階段のの下地コンクリートも完了し、本日より腰壁とデッキのタイル貼りに取り掛かりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA腰壁には、INAXの細割ボーダー、床と階段には、同じくINAXクレド300角のタイルを貼っていきます。

 

いよいよ大詰め。

 

当たり前ですが、気を抜くところなど一つもありません。

 

お客様の笑顔が見れるその日まで!!

 

 
 

ただでさえ職人不足の上、毎年この時期は人員確保が悩みの種ですが、愚痴を言っても始まりません。

 

引き続きの栃木市内野立て太陽光設置工事では、基礎工事に取り掛かっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA約15,000㎡の現場は工場の跡地の為、コンクリートの箇所もあれば、アスファルトや砕石だけの箇所もあります。

 

正直、コンクリートならコンクリートだけ、砕石なら砕石だけという現場の方が、遣り方を統一できるので、それだけでも手間のかかる現場です。

 

基礎のポイントを出すにも、コンクリート部分には杭が打ち込めないので墨出しを、砕石部分は墨が出せないので丁張をと…

 

楽な仕事はありませんね。

 

何だかんだ言いながらも、608箇所の基礎のうち54箇所の基礎生コン打設が、本日終了しました。

 

まだまだ10分の1ですが…

 

仮設のトイレ、現場用物置も搬入され、いよいよ現場らしくなってきました。
 

昨年暮れに、太陽光パネルの基礎工事を施工した現場。

 

元請様によるパネル設置や配線関係も完了し、昨日最後のフェンス工事を完成させてきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA DSC_0092約12.5mの開口部に独立基礎を7箇所設置。

 

フェンスはお馴染みJFE建材のJメッシュ H=1,500 ダークブロンズを5スパン。

 

片開きの門扉を1箇所設け完成です。

 

小雪が降ったり止んだりの中、1日仕事でした。

 

いよいよ受電となるでしょう。

 

太陽光発電所、本当に多くなりました。
 

雪がちらつき一段と冷え込みますが、現場は相変わらずバタバタしながらも進んでおります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さいたま市見沼区F様邸エクステリア工事では、囲障ブロックの組積、庭からの出入り口の階段、門柱、フェンスの柱の設置が完了したところです。

 

分かる人が見れば分かるこの囲障ブロック、まだ完成ではありません。

 

表面には海外から取り寄せたタイルを貼っていきます。

 

表面、天端、側面とまだまだ完成には程遠いのですが、施工する側も期待感でいっぱいです。

 

玄関ポーチの脇には、シンボルツリーを植えるための花壇を、2丁掛けのピンコロを使い作っています。

 

ホワイト系、イエロー系の間に、アクセントで黒ミカゲを入れてみました。

 

無難な色で統一するよりも、メリハリが出て良い感じではないでしょうか。

 
 

今週日曜日より、栃木県栃木市内で500kwという、自分にとっては今までにない大規模な太陽光発電所の工事が着工となりました。

 

15,000㎡という広大な敷地です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 丁張、ポイント出しを初めて2日目。

 

初日は外周の基礎芯のポイント出すだけで終了してしまいましたが、2日目ようやく丁張を掛け形が見えてきたという状況です。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA合間で、既存のフェンスを2スパン撤去し、仮設の出入り口の施工。

 

約8年前、工場の解体工事で出た大型の伸縮門扉を取り付けました。

 

何時か役に立つ日が来るだろうととっておいたもの。やっと日の当たる場所に出ることが出来ました。
 

さいたま市見沼区N様邸では、昨日よりガーデンルーム Cocomaの設置に取り掛かっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回のCocoma、家の軒天までの高さとFL(床の高さ)の設定の関係で既製品は使えず、全て工場出荷前に切り詰め加工をしたものを使用します。

 

先ずは、高さや芯の墨出しを行い、壁に垂木掛けを設置し、腰壁には土台となる笠木と柱を取り付けていきます。

 

妻を取り付け、微調整をしながら笠木をアンカーで止めていきます。

 

次に床の土台となる側面のベース材を束を立て固定します。

 

ここまでが神経と頭を使う、最も重要な作業。

 

後は、大量の部材を取り付けていきます。
 

同時進行中の、同じく見沼区N様邸ガーデンルーム設置工事では、基本となる腰壁が完成しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの腰壁もまたシビアな施工になります。

 

2.5間×6尺という寸法のLIXIL Cocoma ガーデンルームタイプというものを設置するわけですが、家の外壁からブロックの外面までw=1,932 FL(床)からH=800という数字をもとに腰壁を作らなければなりません。

 

良し悪し全てがこの腰壁で決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

 

Cocoma本体の納品も完了し、明日からメインのガーデンルームの設置となります。

 

乞うご期待!!
 

例年になく、年明け早々から慌ただしい毎日を送っております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA見沼区F様邸エクステリア工事では、土留めブロックC120の組積工事を行っています。

 

本日は、3段目から5段目の組積。

 

仕上がりは5段積みと8段の積みの箇所があり、間(5段積みの部分)に鋳物フェンスを等間隔で設置するため、通常よりブロックの加工が多くなってきます。

 

ブロックの側面と天端にはタイルを張る計画なので、数センチ単位でシビアに積んでいかなくてはなりません。

 

仕上がりが楽しみです。